ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 チャートの底入れを板情報や歩み値で判断する


一貫した投資手法の実行が株式投資で最も重要です。 迷うは不利のもととも言いますが、その場の地合いを勘案した裁量トレードは不確定要素が多すぎて損益のバランスがとれなくなることがあります。 損切りした方が良いだろうか、利益確定するべきかという判断に迷いが入ってしまうということは、売買ルールが確立していないということになります。 NYダウ先物ではアルゴリズム売買が主流になっているため、独特のモメンタムが発生しやすいという特徴があります。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 良き投機は即ち良き投資なり

デイトレードやスキャルピング、スウィングトレードで一瞬の買い場を探った投機と、ファンダメンタルズ分析を重視した中長期投資のどちらがリスクが大きいのでしょうか。 スキャルピングはボラティリティーが高まった株を1分程度のホールドでサヤ取りしているイメージがあるため、ハイリスクという認識が一般的です。

個別株をトレードするときはCMEの日経平均先物とNYダウ先物のリアルタイムチャートで東京株式市場の地合いをつかむことがポイントです。 対して中長期の株のホールドは漠然と安定しているとの認識が多いのですが、上場廃止や業績の悪化などが発生すれば1回のトレードで資産のほとんどをロスカットで失う可能性があります。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル



 思案過ぎれば時期を失う

絶好の株の買い場や売り場というのはリアルタイムチャートを見ていてもほんの一瞬であることがかなり多いです。 底入れの瞬間は実際に音が聞こえるわけではないのですが、「コツン」と底を打った音が板情報や歩み値から聞こえてきそうなほど明確なローソク足が示現します。 売りが枯れて需給が激変するタイミングではデイトレーダーの動きが一瞬止まって、新しいトレンドが発生します。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


 高安の理は空理なり

ダウ平均先物やグローベックスのCME先物などの株価の変動は、全て理論で解説できるものではありません。 テクニカル分析の結果に左右されないファンド筋の機械的な売り物や、需給を無視した大株主の売りなども全て織り込んでテクニカル指標のシグナルが発生していきます。