先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 世界株価指数と日経225の比較

米株価指数先物といえばDOWがダントツで分析の対象として人気なのですが、ナスダックとS&P500のリアルタイムチャートも解析してみましょう。 日経225指数はシカゴやシンガポールでも取引されています。 大証でも日経225の取引が始まっていますので、東証との合併によりさらに注目度が上がって日本株式市場グループにおける売買高の増加が見込まれます。 流動性が向上すればサヤ取りや値幅取りの機会も増えるので、アルゴリズム取引が占める割合も大きくなると考えられます。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 世界株価指数チャートを比較

上海株価指数やFTSE100などの海外の株価指数をまとめた株価グラフのことを世界株価指数チャートといいます。 世界の株価はNYダウ30種先物やNASDAQ先物の推移にある程度連動していますので、米国株が暴落すれば同時株安が発生してどこの国の株式相場も下落するということが起こります。 モメンタムを分析するためには、リアルタイムに推移を比較したうえで、ドル円やWTI原油先物など影響がある指標を全体的にテクニカル分析することが必要です。

カナダやメキシコ株価、アメリカ株価を含めて北米の株式市場と呼びます。 また、ドイツやイギリスなど主要な国以外にノルウェーやオランダなどの周辺国も含めた株式市場はユーロ圏市場として比較することもあります。 チャートにおけるテクニカル分析のコツはリアルタイムに得意なローソク足のパターンを見つけて、トレードでどれだけの値幅取りができるか予想することです。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 CMEの日経225と世界株価のシグナル

CMEの日経225はグローベックスに上場している先物で、もちろん世界株価との相関性があります。 インド株など外国人投資家が投資する際に規制がかかっている国を除いて、ほとんどの国は直接株式投資が可能となっています。 日経225のCMEは売買高も多く、トレンドは比較的分かりやすいです。

グローベックスで売買されているニューヨークダウ先物はアルゴリズム売買の影響でトレンドが複雑になる傾向が強く、リアルタイムチャートの解析が難しいです。 世界株価の売買シグナルは通常のローソク足の分析でも十分ですが、時間軸を複数とってRSIや一目均衡表でテクニカル分析するとダマシを回避できる確率が高まります。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



米株価指数先物はダウ先物とダウ100先物、さらにナスダック先物、S&P500先物などの指数のことです。 DOWにはラージとスモールという種類があって、スモールは銘柄の後に100等の数字がついていますので分かりやすいです。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較