ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 ウィリアムズ%Rの期間設定

William's Percent Range(%R)はストキャスティクスのオシレーターとほとんど同じシグナルを出現させるテクニカル分析ですが、細かい違いが2つあります。 一つは売買サインを出すスケールが逆に設定されているということと、もうひとつはストキャスティクスと比較すると株価推移に対する感応度に遅効性があるという点です。 -20以上は相当買われているので買ポジションが利益確定して、-80以下になれば売られすぎなので空売りはショートカバーするタイミングという見方になります。

投資のタイミングを計るために使用する場合は、ウィリアムズ%Rが-100か0近傍まで推移したときに検証するというスタンスが良いです。 なぜかといえば、単純にウィリアムズ%Rが大きく動いただけでエントリーしてしまうとかなりの確率で騙しにあってしまうからです。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 ウィリアムズ%Rの効果的な見方と使い方

効果的な見方は天井か底を形成してすぐに建て玉を持つことで利益が出せるかどうかウィリアムズ%Rのリアルタイムチャートで検証するという見方です。 開発者であるラリー・ウィリアムズが推奨する使用方法は、0または-100近傍まで移動してから5日間時間をおいてから反転を確認してから売買するという手法です。 5日間もサインが出てから待つことの意味は、株価推移のノイズを取り除くということです。

トレンドラインを形成している段階ではほぼ100%の確率でチャートのノイズが発生し、本来のモメンタムとは異なるローソク足のパターンが形成されます。 そのタイミングで間違ってロスカットしてしまったり、まだまだ取れるはずの利益を取らずに利益確定してしまうということが発生するのです。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル

 他のテクニカル分析との違い

ウィリアムズ%Rは期間設定によりMACDよりもダマシが少なく、RSIやRCIよりも多いという特徴を持っています。 また、-100か0まで張り付くように時系列が動き、シグナルが出ているもののその方向性とは逆に株価が変化していくということも多いです。

さらに、強気相場で価格が上値追いとなっている状況では、フェイラー・スウィングズが示現しないか注視しましょう。 フェイラー・スウィングズとはウィリアムズ%Rが上限か下限にタッチすることなく、そのままトレンドが継続する現象のことです。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


テクニカル指標が極限まで推移するか、ローソク足がセリングクライマックスを示現してオーバーシュートすれば相場が反転する可能性が高まります。 また、暴騰して大陽線が出るか、非常に長い上ヒゲをつければ反転して下落波動を形成するパターンが多いです。