NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック

 VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想

 シカゴダウ先物をテクニカル分析してみる

CMEの日経225先物のリアルタイムチャートが下値を順調に切り上げている局面で上値が重くなってきたら、シカゴダウ先物のリアルタイムチャートをチェックしてみましょう。 多くのケースで、ナスダック先物の日足が崩れて、チャートの形が悪化しています。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 VIX指数のリアルタイムチャート

VIX指数は投資家心理における恐怖の度合いを示す指標です。 VIX指数が過去の時系列チャートで上昇傾向にあるときは恐怖度合いが高まっていて、リスクオフの向きが強いため、株式が売られて株価が下落する可能性が高まります。 逆にVIX指数がチャートで下落基調ならば、リスクオンの向きが強く、株式が買われて株価が上がり、買い方有利の展開になっているということになります。

VIX指数はNYダウ先物との相関性がありますが、必ずしも連動性が高いということではありません。 CMEの日経平均225先物が堅調でも時系列のvix指数が下値を切り上げるということもよくあるのです。 そういう逆行現象がリアルタイムチャートの高値圏で示現した場合は、高値でのもみ合いから急落する時系列のパターンになるかもしれません。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 年に数回ある株価の暴落

株価は常に一定の変動性をもって値動きを形成しているわけではなく、ボラティリティーが大きく変化しながらある程度ランダムに動きます。 トレンドはあるのにランダム性もあるというのは不思議かもしれませんがこれは株式市場の特性です。

ニューヨークダウ先物やWTI原油先物も同じくモメンタムはある程度継続はしますが、あるとき突然株価トレンドが反転します。 ですので、自分の建て玉に利益が乗っているかいないかに関わらず、NYダウ先物のような影響力の強い株価指数のトレンドに合った売買を心がけることがコツになります。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



グローベックス先物の日足チャートにおいて、過去の時系列と比較して高値圏で推移しているときは売買チャンスと考えてみましょう。 高値圏で横ばいになっている状態というのは株価先物のトレンドの方向感が定まっていないということで、下方にブレイクアウトしても、上抜けても値幅がかなり出るローソク足のパターンが多いのです。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較