リアルタイムチャート
ダウ
NYダウ平均
リアルタイムのダウ
リアルタイムのNASDAQ
日経平均225
日経平均株価チャート
世界の株価チャート
主力株
日本株のADR一覧
ドル円
株式用語
投資の手法
株式格言
テクニカル指標の研究
株価の底入れ
ボリンジャーバンドの見方
ローソク足の見方
日経平均の騰落レシオ
25日移動平均線乖離率
売り禁の両建て手法
ダウ理論
MT4のインジケーター
パラボリックの使い方と手法

 売り禁の後に踏み上げにあった

証券金融会社が新規の信用売りと信用買い建ての現引きによるポジションの清算を禁止すると、投資家の思惑により株価が暴落したり、逆に暴騰してストップ高になります。 貸借銘柄の申し込み停止措置は東京株式市場の大引け後、16時30分ごろに発表されるケースがほとんどです。 正確性を期すために、日証金の公式ホームページで銘柄の情報を確認しましょう。 投機する際には、リアルタイムチャートにおける過去の時系列データや騰落レシオとの相関性、利益が出る確率と株価推移の統計を十分に研究しましょう。
CMEのシカゴ先物清算値
窓チャートの使い方と見方
チャートにおける窓埋めの理論
窓埋めトレードがうまくいく確率
テクニカル指標の売買シグナル
MT4でのリアルタイムチャートの使い方
MT4の平均足でEAを使うときの設定
MT4のインジケーターでRCIを表示する
MACDのシグナルをMT4で設定する
日経225における騰落レシオのデータ

 株が売り禁になると株価はどうなる?

一般的に株が売り禁になって信用取引の空売りが禁止されると、株価が下落するという見方が定着しています。 仕手株が暴騰するときの原動力は、信用取引で空売りしているポジションをロスカットさせる踏み上げという値動きです。 しかし、最近の仕手株の値動きは以前の株価推移とは違うケースが出てきていて、売り禁になった株がその後も上昇し続けるというパターンが増えてきているのです。

NYダウ先物やナスダック先物が上昇すれば、グローベックスの日経平均シカゴ先物も連動して上がるので普通の銘柄には買い材料になります。 しかし、仕手株は東証1部の国際優良株がジリジリと値を下げるような地合いで暴騰する確率が上がるのです。 値幅取りが難しいボラティリティーが低下した時期というのは値動きの軽い仕手株に資金が集まって、貸借銘柄の貸借倍率が急変動して株不足になることが多いのです。
MetaTraderの自動売買
メタトレーダーでEAを作成する方法
株の板情報と気配値の見方
株の気配値の記号と読み方
ストップ高になった翌日の株価統計
ポイント&フィギュアをMT4で表示
日経平均先物をポイント&フィギュアで予想
インジケーターのダイバージェンス
CME先物の時系列データ
売り禁の後に踏み上げにあった


 売り禁で踏み上げになった銘柄の値動き

信用取引の規制が実施されて売り禁が発動されると、たいていの株は急落し、上昇するケースも長続きはしません。 しかし、暴騰したあとに株価が三角持ち合いやボックス相場をリアルタイムチャートで形成して、値動きが落ち着くケースは要注意です。 そういうローソク足のパターンだと証券取引所や日証金が信用取引の過度な利用が落ち着き、過熱感も低下していると判断して売り禁を解除することがあるのです。

もちろん数日以内という短期間では確率は非常に低いのですが、数ヶ月間という時間をかけて株価のボラティリティーが低下していると売り禁が解除になってさらに高値を更新するパターンがあります。 踏み上げになった株は、MT4などのリアルタイムチャートでローソク足の値動きを注意深く観察して、ニューヨークダウ先物やグローベックス先物との株価推移を比較しましょう。 なぜかといえば、騰落レシオが横ばい推移になるか、NYダウ平均先物との相関性が低下したところでボラティリティーが拡大することが多いからです。



仕手株の株価の値動きはメタトレーダーのリアルタイムチャートで比較するとわかりますが、NYダウ先物やグローベックスの日経225シカゴ先物と逆相関になっているパターンが目立ちます。