ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 トレンドラインの引き方と分析手法

レジスタンスラインやサポートラインは全てチャートに表示する補助線の類のもので、トレンドの存在を分かりやすくするために引く線です。 投資手法には主に順張りと逆バリという2種類がありますが、これらを使い分けるためには株価トレンドを把握していなければなりません。 ナスダック先物やダウ30種平均先物のモメンタムがどちらを向いているか留意するだけでも、個別株の短期トレードが格段にうまくいくようになります。

ダウ理論ではエリオット波動やグランビルの法則に似た手法を使って、上昇・下落なのか、レンジの横ばい相場なのかを見分けることができます。 ボックス相場では上値と上値、下値を下値を結ぶだけでレンジが定まりますが、三角保ち合いやトレンド相場になるとどこを基点としてどこまでラインを引けばよいか難しいところがあります。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 株価推移に沿ったトレンドラインの引き方

トレンドラインの引き方のコツが掴めないと思った方は、5日移動平均線か25日移動平均線をテクニカル指標としてリアルタイムチャートに設定してみましょう。 その際、テクニカル分析の設定は出来高推移を出して、MAは直近の終値にウェイトを置くようにすれば急なボラティリティーの拡大にも対応したシグナルが出るようになります。 トレンドラインの引き方のポイントは、ローソク足の実体とヒゲ部分に着目することです。

ローソク足のヒゲはザラバ中の終値と始値の範囲内に収まらなかったノイズのようなものですので、ヒゲ部分を無視して線を引くこともあります。 つまりその局面はダイバージェンスになるわけですので、本来のトレンドに回帰した場合はそのモメンタムの信頼性が向上するという見方もあります。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル

 トレンドラインの分析方法と手法

米国株に使われる最新の分析では終値を重視したインジケーターが主流となっていて、ダウ理論の基本的な見方がベースと考えることができます。 上昇トレンドの転換は直近の高値を抜けないときとされていますが、日本株の独自の値動きでは高値圏で空売りのショートカバーを巻き込んで吹き上げて終了するパターンも多いです。 支持線を引いてブレイクアウトすれば売りとする単純な投資でもほとんどの株で有効です。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


下落相場ではレジスタンスラインの他にもサポートラインが引けることが多々ありますので、割り込んだ後株価が回復していないか注目してみましょう。 グローベックス先物でも日経225でも利食い確度が高いのはダイバージェンスが示現したときの順張りです。