ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 CMEのVIX指数でボラティリティーを予想する


引かれ玉は投げよという格言は、信用取引などで建てた玉に損失が出た場合は、ロスカットのルールに従ってなるべく早めに損切りすべきであるという意味があります。 見切り千両と同じ意味で、思惑と違った値動きをし始めたらローソク足の組み合わせから判断してトレンドの変化を読み取ってすぐに損切りしましょう。

日計り商いするべからずという言葉通り、ボラティリティーが縮小する閑散相場では、値動きの軽い仕手株以外はスウィングトレードに切り替えた方が良いケースが多いです。 ボラティリティーが拡大するかどうかは、CMEのグローベックス市場におけるVIX指数やNYダウ先物のリアルタイムチャートでの分析で予想しましょう。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 天井三日、底百日

CMEのグローベックス先物など株価の特徴として、相場が上昇して天井を形成する期間は短く、下げ始めると投げ売りが出て急激に下がり、底入れに長い時間をかける傾向があります。 NYダウ先物でも同じ傾向があり、日足だけでなく日中足や週足でも同じようなチャートの形状になります。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル



 無理が通れば道理が引っ込む

MACDやRSI、ボリンジャーバンドなどは値幅の振幅から株価の高低を判断するためのテクニカル指標で、一般的にはシグナルに従えば利益が狙えるという情報が多いようです。 しかしながらストップ高するほど過熱する相場を演じる仕手株や、世界同時株安における暴落相場ではテクニカル分析が通用しないチャートのパターンがほとんどです。 NYダウ先物などの株価の予想をするときには、常に例外を考えながらローソク足のパターンを想定しておきましょう。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


 万人があきれ果てる値が出ればそれが高下の界なりけり

CMEの日経平均先物やシカゴ先物でも、ボラティリティーが大きくなって相場がオーバーシュートするときは市場参加者が驚くほどの値をつけて初めてトレンドが反転するパターンが目立ちます。