NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック

 パラボリックSARとRSIの使い方

 ホッグ相場の値幅取り

上げでも下げでも値幅は取れるのですが、ホッグ相場(ボックス相場)ではシグナルが高確率でダマシになるため、上値抵抗線と下値支持線を引くことでレンジの幅を見極めましょう。 一目均衡表の雲は本来は株価の抵抗水準として機能するのですが、ホッグ相場に突入すると機能しなくなる時系列パターンが多いようです。 保ち合い水準だけに損切りはしやすく、損失(リスク)の見極めが容易なため、逆に株価先物が動いたときには順張りしてサヤ取りしてみましょう。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 パラボリックのSAR

パラボリック(放物線)のSARはリアルタイムチャートの重要なフシ目になることがあり、株価先物がこの線にタッチするかしそうになるとトレンドが転換するか様子見になることがあります。 SARラインは加速因子によってボラティリティーが拡大したときに大きく動く性質があって、利益確定するタイミングや空売り、突っ込み買いの判断に使えるようになっています。 順張りにおける見方としては、SARがトレンドを示している間はポジション保有を継続して利益を伸ばす投資手法が有効になります。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 RSIの使い方

RSIはシグナルが20%か80%に達したタイミングで買い時か売り時を判断する使い方がメジャーです。 その他にも、30%を割り込んでから反転し、浮上しはじめたときに買いポジションを作り、上値が重くなってきた水準で決済をするという投資手法もあります。 ただし、トレンドを形成しているときにはRSIはシグナルがダマシになりやすいという傾向がありますので、NYダウ先物のリアルタイムチャートのモメンタムに注意しましょう。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象


 一目均衡表の見方

一目均衡表といえば雲と株価の位置関係によりトレンドの方向性を判断するためのテクニカル分析として有名ですが、基準線にも注目してみましょう。 例えばニューヨークダウ先物やグローベックス先物が上昇しているにも関わらず、基準線が横ばいで推移しているときにはモメンタムが弱いと判断できます。 5日移動平均線と25日移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスと同じように、基準線と転換線のクロスも売買シグナルとして有効です。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較