日経平均
 NYダウ先物のリアルタイムチャート(テクニカル指標)  RSIとストキャスティクスというオシレーター系指標を表示
 日経平均株価先物リアルタイムチャート  グローベックスの清算値との乖離で寄り付きを予想
ダウ先物
CMEシカゴ先物と速報
NYダウのテクニカルチャート
リアルタイムのNYダウ先物
グローベックスCME先物
ナスダック(NASDAQ)
CME日経平均225先物
日経平均株価のチャート
世界株価指数チャート
主力株の日足チャート
日本株ADR一覧
ドル円リアルタイムチャート
円相場
株式用語集
チャートの見方
相場格言一覧
NYダウ先物チャートの研究
英語の相場格言
ボリンジャーバンドの見方
ローソク足の見方
日経平均の騰落レシオ
25日移動平均線乖離率
売り禁の両建て手法
ダウ理論
MT4のインジケーター
パラボリックの使い方と手法

 株式相場の格言一覧

 上がる理も時節が来なければ上がらない

好業績発表銘柄や注目されていたIPO銘柄が全く上がらないという時期がありますよね。 しかも、しばらくしてから過去の株価推移をチャートで確認すると、ある一定の時間が経過したあとに、急騰しているという時系列パターンが多いですよね。
何故でしょうか?
答えは地合いと需給にあります。


地合いが悪ければ好材料・買い材料は全て無視され、悪材料だけが注目されて売り材料となります。 実需の買いも見送りとなりますが、地合いが好転すれば再び買いの対象となります。 それまで見過ごされてきた買い材料が再び注目されることで、思い出したように急騰するのです。 つまり、本来ならば上がる銘柄でも、地合いが悪ければ需給によって買いが入らないということになります。 ですから、割安な銘柄というのはいつかは再評価されますので、監視銘柄としてチェックし続けるという投資スタンスが大切なのです。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 安値圏での悪材料発表は買い

悪材料が出れば普通は持ち株の売りや信用取引の空売りを検討しますが、売り材料が出たタイミングが、週足や月足ベースでの安値圏であれば買い好機となることがあります。 例えば業績の下方修正が噂されている銘柄の株価が、根も葉もない根拠から値を下げ続けていたとしましょう。 しかし、実際に業績の下方修正が発表されたときには、既に売られすぎの水準まで下落しているため、悪材料出尽くしとなり、急騰することがあるのです。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル



 長期投資は株価より企業力を買え

数年単位の長期投資を行うときは、割安だから、値頃感が強いからという理由から買いを入れると失敗する可能性が高いです。 なぜなら、株価というのは常に銘柄の正確な「将来的な評価」を表しているものであり、割安でも成長性がなければ淘汰されるという事実を証券関係者はよく知っているからです。 ちなみに、少しぐらい割高でも、急成長している企業で話題性がある銘柄に注目するというのが、今風の投資スタンスです。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


 閑散に売りなし

経済指標の発表前などのイベントリスクが意識される局面というのは、積極的なリスクテイクを行う投機家は少ないものです。 すると流動性が低下し、売買高が細るために株式市場は閑散とします。 一見すると動きがなく弱々しい値動きなので売り向かいたくなりますが、こういうときに値崩れする時系列パターンはほとんどありません。 閑散相場では日経平均の大証先物に500枚〜1000枚程度の売り蓋が置かれても、誰も投げ売りしないのは、閑散相場では値崩れしないことを知っているからです。