ダウ先物
NYダウ先物
NYダウのリアルタイムチャート
NYダウのグローベックス先物
ナスダック総合株価指数
CME日経平均
日経平均株価
リアルタイム世界株価
主力株の日足
日本株ADR
ドル円
株式用語
ローソク足の見方
相場格言
NYダウ先物の研究
英語の格言
ボリンジャーバンドのダマシ
ローソク足の時系列
騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離
売り禁の両建て手法
ダウ理論
MT4とダイバージェンス
パラボリックSARの使い方

 相対力指数で底入れや損切りの判断をする

時系列の歩み値
テクニカル指標としての移動平均線
上値抵抗線と窓埋め
エリオット波動の転換シグナル
追証で強制決済
乖離率手法で逆張り
株不足で逆日歩がついている
グランビルの法則で押し目買い
現渡しで決済する
ゴールデンクロスとトレンド
サイコロジカルラインの使い方
新高値をつけた仕手株
水準訂正のストップ高
制度信用取引の空売り
相対力指数で底入れを判断


 底入れ

CMEの日経225指数やNYダウGlobex先物といった株価の下落トレンドが終了し、上昇トレンドに入ることを底入れといいます。 また、上げ始めていなくても下落が緩やかになっていれば「そろそろ底入れなのではないか」といったようにこの株式用語を使います。 底入れのパターンには数多くのチャートの形状が存在しており、その時々の地合いによっても微妙に変化していきます。

よくあるチャートの形として、ソーサー型の底入れがあります。 ソーサー型は名前の通り皿の底のようななだらかな曲線を描きつつ上昇トレンドに移行するチャートのパターンです。 次によくある底入れとして、V字型回復があります。 V字型回復の株価推移は、暴落後に大陽線を形成し、値頃感やテクニカル指標を買いの根拠としたリバウントとなります。

さらに順張りでサヤ取りしやすい底打ちとして、トレンドラインに沿ったモメンタムへの回帰が挙げられます。 グランビルの法則は上昇中の移動平均線との乖離率から判断して買いを入れる手法が存在しています。


 相対力指数

テクニカル指標のRSIのことを日本語訳で相対力指数といいます。 RSIのうまい使い方としては、ボックス圏での逆張りが挙げられますが、逆行現象にも注目したいところです。 通常、株価が下落すれば数値も下がり、株価が上昇すれば上がるという動きになりますが、逆行現象はこの逆の動きになります。

株価が下がっているにも関わらず、相対力指数が上昇しているときはいわゆる「下げ止まり」の局面であることが多く、多少の値幅の違いはありますがリバウンド入りするチャートパターンが多いです。 逆張り投資でうまく底打ちのタイミングで買えることはほとんど無いと思ったほうが良いでしょう。 ファンダメンタルズの変化による買い時の判断も難しいため、テクニカル指標に頼る手法が多いです。



 続落

相場が連続して下落することを意味する株用語です。 主に日足における前日との比較で「続伸」または「続落」と呼んで、短期的なモメンタムを判断することができます。


 損切り

株式投資で絶対に避けて通れないのが損切りです。 株の初心者は「損を出さないように」「損切りをしないように」投資を行う傾向がありますが、これは本来の正しい投資スタンスとは逆の考え方になります。 正しい投資手法は、リターンに見合ったリスクをとり、利益額と損失額のバランスをとり続けるという手法になります。 一回一回の株売買はランダムな性格をもっているため、50回〜100回といったまとまった回数と損益状況でしか正確な手法の評価ができません。 CMEシカゴ先物やNYダウ30種平均と日本の個別株で有効な取引手法は異なっているため、チャートやテクニカル指標の研究が必要になります。