米国株
株情報
CCI
パラボリック
週足
ROC
月足
インド株価
東証1部
NYSE
ポジション分布
シカゴ先物
三角持ち合い
IPO銘柄
逆張り投資
ブル相場
トレンドフォロー
サヤ取り
底入れ
セリングクライマックス
売り残
スキャルピング
暴落
利益確定

 新値足チャートの使い方

新値3本足だと、直近の陽線か陰線を3本まとめてカバーすることで新しいローソク足を表示するということになります。 これが5本であれば過去のデータ5本分の値幅を抜く必要があり、より株価が移動するパワーを大きなレンジで判断するということです。

新値足のチャートの使い方は通常の罫線と同じですが、転換してすぐに買い判断するというのはリスクが高いです。 特にリアルタイムでデータが反映されている場合は、ころころとサインが転換し続けることになりますので、時間的な余裕をもって終値ベースで分析するべきです。
日経ジャスダック平均
値洗い
東証株価指数
特別気配
材料株
新値足
現引き
米株価指数先物
S&P500
VWAP


 非時系列チャートとしての機能

新値足の使い方としては、Excelで関数を用いて計算して、オリジナルの検査値を設定するというのがお勧めです。 日付や始値、出来高まで全てExcelで計算する必要がありますが、関数を完成させてしまえばあとは自動で歩み値などをダウンロードする設定にできます。

非時系列情報には他にもカギ足や平均足などの種類がありますが、機能の正しい使い方は、売買するまで2〜3本様子見するところがポイントです。 確度が高まってからNYダウ・ジョーンズ平均や日経株価先物の方向性を確認すれば、利食いできる確率が高くなります。
板寄せ


 ポイント&フィギュアと共通した概念

非時系列系の株価チャートは値幅の観測により将来の価格を予想しようとするテクニカル分析となっていて、この点ではポイント&フィギュアと同じ分析手法の種類となっています。 新値足における最大のメリットは、ホッグ相場の方向感に乏しい局面で投資資金をすり減らしてしまうことが少なくなるというところです。

アルゴリズム売買を利用した株の自動取引では、インジケーターのシグナルがエクセルで出れば完全にそれに従うように設定されています。 ですので、利益の出る確率の低いボラティリティの縮小したところでも建て玉を持ってしまうのです。


ところが、新値足チャートを売買サインとして取り入れて、他の機能と併用することで確度の高いポイントで建て玉を保有することができます。 トレンドラインからのブレイクアウトや、ポイント&フィギュアの下値支持線やレジスタンスライン近傍からの急動意は株式投資家の注目度が高く、仕手系材料株として認識されることもあります。 新値3本足は終値での変動により値幅の観測を行いますので、日中足のダマシを排除して、安値や高値をもとにしたトレンドの転換を捉えます。