ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 リアルタイムチャートや板情報から投資家心理を予想する


NYダウ先物の推移を予想するときにはテクニカル指標や出来高、歩み値からモーメンタムを判断しますが、確信を持っていても予想が外れることがかなりあると思います。 考えの裏が本街道という格言の通り、経済指標の動向や市場コンセンサスから予想される株価推移の通りに動くということは確率的にそれほど高くないのです。 CMEの日経225平均先物やグローベックスよりも、NYダウ先物の方がモメンタムを予想しづらい傾向があり、さらに為替相場はトレンド判断の難易度が高いです。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 仕掛けは恐る恐るしかも大胆に

最適なエントリータイミングを探るためには、リアルタイムチャートや板情報から株式市場参加者の投資家心理を予想することがポイントになります。 株価のトレンドは最終局面になればなるほどオーバーシュートしやすくなり、予測よりも大幅に上下にブレる可能性が高くなります。

ですので、逆張りでポジションを構築するときにはさらに相場がオーバーシュートすると予想しつつ、リアルタイムチャートのテクニカル指標で分析しましょう。 NYダウ先物のトレードで厚い指値の買い板を売り崩すときや、CMEの日経平均先物や仕手株の上値の売り板を買い向かうときはかなり慎重になる必要があります。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル



 仕手につくのは最初だけ

仕手筋は仕手株を安値で大量に仕込み、株価を吊り上げて、高値で売りさばくことで莫大な利益をあげます。 過去の累積出来高から判断してシコリ玉の溜まっている価格帯を上抜いて推移するため、強弱感が対立して乱高下しやすい傾向があります。

NYダウ先物や仕手株の上げ相場の最終局面は、値動きが異常に軽くなり、ボラティリティーが急拡大するチャートのパターンが多いといえます。 デイトレードなら良いのですが、自然な需給による株価形成ではないため、ロスカットは確り実行しなければリスクが大きいです。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


 誇りは破れの因

シカゴ先物やCMEのNYダウ先物で大きく利益を出したとしても、気を抜いてスキのあるトレードをしてしまうと、かなりの確立でロスカットになります。 勝率の高いトレード手法であればあるほど利益が出たときには慎重になりましょう。