NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック


 日経平均株価の最新のテクニカル分析

チャートというのは投資家心理や群集心理が反映された株価グラフです。 銘柄ごとに固定の投資家がついている傾向があり、そういった投資家が繰り返し売買するために値動きに特定投資家の売買のクセが表現されるのです。 ですので、全ての銘柄やニューヨークダウ先物や日経平均株価といった指数に合ったインジケーターというものは基本的には存在しないと考えたほうが良いです。

過去の時系列データが示されているので信頼性があるとはいえますが、やはり万能ではありません。 テクニカル指標のダマシが発生してしまえば、それを根拠にしたトレードは損切りになってしまう可能性が高まります。 突発的な売買材料の発表や先物の乱高下を受けた値動きには、きっちり対応しなければなりません。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 最新のテクニカル分析

最新のテクニカル分析には、既存の種類をさらに改良した新しい指標と、既存の指標の設定を変更したり組み合わせることで新しい見方を見出した分析手法の2つが存在します。 後者の手法は証券会社の分析担当者がレポートを出して紹介しているほか、個人投資家や機関投資家がひっそりと開発してNYダウ先物のリアルタイムチャートで使用しているケースが多いようです。 日本国内では最新のテクニカル分析を開発する向きが弱いのですが、幸いな事に海外のチャート分析家が開発した最新テクニカル分析をMT4で使用することができます。

メタトレーダーはデモ口座でもリアルタイムにチャートを分析できますし、株価予測ができる最新のテクニカルを無料で使えます。 ドル円やユーロ円などの為替レートや、ニューヨークダウ先物のリアルタイムチャートとグローベックス先物の推移を比較することができます。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 株価のテクニカル分析

株価をテクニカル指標で解析する場合は、MACDで買いサインや売りサインが出ていないかチェックしてみましょう。 移動平均収束拡散法は買建するべきタイミングですぐに売買シグナルが出ないことが多いのですが、これは最新のテクニカル分析でも同様です。 裁量売買なら相場観によってエントリーしたいときにすぐにポジションを構築できます。 アルゴリズム売買でダウ平均先物を取引したいが、リアルタイムチャートからの判断で裁量も取り入れたい場合は、シグナルを参考にするという手も一考です。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



日経平均株価は特にリアルタイムチャートのローソク足の形状や出来高の分析が有効とされています。 Nikkei225先物は外国人投資家にも人気の投資対象となっていて、海外のアルゴリズムやテクニカルの影響を受けた値動きとなっています。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較