先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 RSIのダイバージェンスの見方

リアルタイムチャートのインディケーターでは、ダマシになる確率は40〜60%程度あります。 株や為替でサヤ取りしたい投資家は、このテクニカル分析のダマシをいかに見極めて、正しいシグナルに従うかということがポイントになります。 RSIは計算式を覚えたりいちいち数値を計算する必要はなく、株価グラフに自動で表示させることができます。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 RSIのダイバージェンスについて

RSIはチャート研究家によって開発されたオシレーター系のテクニカル分析で、リアルタイムチャートにおける株価の振幅を計って株の買い時と売り時を表示する指標です。 オシレーター系指標の特徴として、横ばい相場やボックス相場などのボラティリティーが低い局面での売買サインは信頼性が高いという点があります。 また、ボラティリティーが拡大するときには、ダイバージェンスが発生しやすく、シグナルの信頼性が低下するというポイントを抑えておく必要があります。 NYダウ先物のリアルタイムチャートでいろいろな種類のテクニカル分析を実施すると、どの指標でもまんべんなくDivergenceが発生しています。

RSIの計算式で使うRSは、1日あたりの上昇幅と下落幅の平均を使用して計算する予想となっていて、急激な株価の変動であればシグナルも早めに出るという性質があります。 つまり、チャートのローソク足のパターンにおいて、モメンタムが強ければ強いほどRSIの売買シグナルとダイバージェンスも出やすくなるのです。 通常は0から100までの数値を使って、80以上であれば空売りか利益確定、20以下なら買い戻しか買い建てのタイミングとされています。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 チャートの逆行現象を予想する

ダイバージェンスはRSIの線と株価の時系列データが逆に動く現象のことをいいますが、この逆行現象を予想できればサヤ取りに利用できるのです。 普通のテクニカル指標は精度よく設定を変更して、使い方や見方をマスターしたとしても、ダマシになる確率が40%程度はあります。 つまり残りの60%の確率で効率良く値幅をとってサヤ取りを行い、ダマシと気付いた時点ですぐにロスカットすることが値幅取りのコツになるのです。 そのためには、リアルタイムチャートでNYダウ先物とCME日経平均先物のダイバージェンスを予想することがコツになります。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



グローベックスの先物でテクニカルの逆行現象を予想するときは、売買したい時間帯の投資家の傾向を把握することがコツです。 ニューヨークダウ工業株先物やNikkei225先物のテクニカルでダイバージェンスが発生していたら、まず順張りで値幅をとるのかどうかを決めましょう。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較