NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック

 テクニカル指標の種類と組み合わせ

 閑散相場

CMEのダウ先物や大証日経平均先物の売買ボリュームが低下し、閑散としている相場のときに指数先物を売り込む向きはほとんどありません。 売買様子見ムードが強まっている状態というのは次に来る株価の波動が大きいと市場参加者が予測しているために発生していることがよくあるのです。 模様眺めの雰囲気で弱そうなチャートの形状でも、踏み上げにあうリスクがあるのです。 ただし、年末の出来高が細る時期にNASDAQが一時的に下落するタイミングだったら超短期の値幅取りとして空売りするのは一考です。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 百冊の理論書は1回の売買にしかず

数多くのテクニカル分析の指南書がありますが、いくらテクニカルの理論を勉強したところで1回の売買から得られる情報量にはかないません。 テクニカル分析は過去の株価データや出来高などの株の情報を解析することには優れていますが、データ化が難しい経験則のような情報の蓄積には適していません。

株価が全く変化していなくても一瞬一瞬の投資環境は唯一無二のもので、ファンダメンタルズやGlobexのNYダウ先物の方向感も刻々と変化しています。 リアルタイムチャートや過去のローソク足のパターンを思い出して、「あのときと同じパターンだ」と判断して予想しても当たる確率はさほど高くはないでしょう。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 突っ込み買いの吹き値売り

逆張りに適しているテクニカル分析には、ボリンジャーバンドやエンベロープ(envelope)、ピボット、MACDなどたくさんあります。 相場はいったん強いトレンドが発生するとしばらくはその方向に動く性質を持っていますが、長期スパンの移動平均線に収斂する傾向があります。

つまりリアルタイムチャートで短期的に移動平均線から乖離して大きなモメンタムが発生したら、逆にポジションを張る投機が有効なのです。 NYダウ先物の急落につられて大陰線を形成したときには、RSIやストキャスティクスからして買い時でないかチェックしてみましょう。 CMEの日経平均先物が暴騰しているときは、仕手性の高い株の信用売残を確認して踏み上げ相場にならないか予想します。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象


 チャートの窓開け

累積出来高の真空地帯のすぐ上で株価が下げ止まったときは要注意です。 その水準からすぐにトレンドが反転して上昇すれば先高観がまだあるので良いですが、リバウンド幅が出なかったり上値が重い状態だと投げ売りが出る可能性があります。

特にリアルタイムチャートで窓を空けて寄り付き、そのまま大引けまで下げ続けるような歩み値になると先安感が非常に強いといえます。 貸借銘柄や一般信用銘柄で空売り可能な銘柄の場合は、信用買い残と売り残の比率を確認してみましょう。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較