先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 日経平均の一目均衡表の転換線

ドル円が円高になっているとハイテク株の寄与比率が高い日経平均株価は上値が重くなるので、雲のねじれが発生して変化日となっても買いポジションで値幅取りは控えた方が良いです。 転換線や遅行線など均衡表に使うシグナル線をたくさん表示するとごちゃごちゃして、推移が見難くなるというケースもあります。 雲のねじれや上抜けだけに注目している投資家もけっこういるようです。 ローソク足の1時間足と5分足の両方の足をリアルタイムチャートに表示して、NASDAQ先物とWTI原油先物の値動きを参考にトレードするという手法があります。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 日経平均の一目均衡表

日経平均先物のリアルタイム株価推移を予測するときに役立つのが、テクニカル分析の一目均衡表というインジケーターです。 特に雲との位置関係によるリアルタイムの分析は、節目のブレイクアウトを買い時の予想に使えるため注目です。 ただ、ねじれや時間論だけの予想だとチャートのシグナルがダマシになることがあるため、ニューヨークダウ30種先物と日経平均の騰落率を考慮して精度を上げることが大切です。

遅行スパンは一目均衡表の雲のねじれや変化日ほど重要視されてはいませんが、意外と売買シグナルとして利用ができます。 遅行スパンは株価先物に沿った動きをしませんが、パラボリックのようにブレイクしたときにその方向に順張りすれば値幅取りできる局面があります。 個別株のモメンタムだけ追いかけることはせずに、NYダウ30種平均先物のトレンドとドル円の過去の推移などを加味しつつ総合的な判断を心がけましょう。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 転換線と遅行線

一目均衡表の雲のブレイクアウトや騰落率などのシグナルはダマシも結構あるので、もっと分かりやすいテクニカル分析を求めている投資家も多いのではないでしょうか。 そこでオススメのインジケーターは、転換線と遅行線を組み合わせたテクニカル指標の見方です。 株価が下落しているときはリアルタイムチャートの遅行線が株価を抑えこむように推移します。 しかしローソク足のパターンが遅行線を明らかにブレイクアウトして、逆のトレンドが発生すれば売買のタイミングとして適しています。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



先行スパンや遅行スパンはNYダウ平均工業株先物の値動きとは違ったよくわからないような値動きをしているように見えますが、過去の株価推移を計算して需給を図る重要なインジケーターです。 雲が薄くなって値動きのボラティリティーが小さくなっているときは、RSIやパラボリックなどのテクニカル分析が効かなくなることが多いです。 順張りで値幅取りしようとしている場合は、リアルタイムチャートでローソク足の組み合わせが買い時であっても買わない方が良いです。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較