先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 トレンドフォローでの日経先物のテクニカル分析

CMEのグローベックス先物でトレードしてうまくいかないという投資家は、リアルタイムチャートとローソク足の見方をもう一度研究してみると良い結果が出ます。 株価トレンドが転換するときは株価の推移がどうなるときなのか、時系列の株価推移や板情報を投資にどう活かせばよいのかということを考えてみましょう。 ダウ平均30種先物とS&P500先物の値動きのクセは同じなのか、相関性はいかほどなのかということも株価データから研究すると利食い確率も向上します。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 日経先物の株価を予想する

日経先物の株価を予想したい場合は、国内の投資手法に加えて、海外でメジャーなリアルタイムチャートのテクニカル分析を研究する必要があります。 外国人投資家による売買比率を考慮すると、チャートにおけるトレンドフォローの予想手法を身につけなければなりません。 リアルタイムチャートのトレンドフォローの手法は、NYダウ先物とNASDAQ先物で発展した最新のテクニカル分析です。

日本人投資家は、株の初心者も玄人も逆張り投資を好んでおり、特に現物株における逆張りが多いといいます。 さらに難平買いにより買付単価を下げて、値を戻したところで利益確定するような投資手法を採用する傾向があるようです。 確かに下落したところでは次から次へと押し目買いが入り、下落スピードもゆっくりとなり、米国株と比較するとジリジリと下げるローソク足のパターンが目立ちます。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 米国株に多い投資手法

欧米の投資家は順張りを特に好んでおり、国内の投資家と比較するとナンピン買いをする確率が低い傾向があります。 逆バリ向きのテクニカル分析はあくまでもトレンドフォローで構築したポジションを利食いするためのシグナルとして利用するために開発されるケースが多いのです。 逆バリのシグナルは、リアルタイムチャートで示現した瞬間にエントリーするためではなく、その株価トレンドが安定したと見極めてからエントリーするためのシグナルと見なされます。 グローベックスのNYダウ先物もチャートのかたちを見極めてから順張りする投資手法が採用されることが多いです。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



CMEの先物トレーダーが好む投機手法も順張りです。 「高値を買ってさらに高値で売ろう」という相場格言がある通り、トレンドが続く限りは株価のモメンタムをリアルタイムチャートで解析しつつサヤ取りします。 CMEの日経平均先物の出来高が増加する時間帯は順張りでサヤ取りして、東証の日経225先物の出来高が増えるときには逆バリという投資も一考ですね。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較