DJIA
出来高推移
NYダウ日足
Globex
ナスダック総合株価指数
Nikkei225
時系列データ
世界株価指数
銀行株
日本株ADR
ドル円
ローソク足
チャート
株価推移
逆さチャート
ロスカット
バンドウォーク
投資手法
騰落レシオ
移動平均線
売り禁
株価予想
ダイバージェンス
パラボリック

 日経先物の時系列チャート

時系列データでは投資家心理が数字になったものを統計的に分析することができるため、過去の時系列パターンとの比較により将来的な株価の予測が可能になります。 使用頻度のランキング上位に入るテクニカル指標であるボリンジャーバンド(Bollinger bands)は、線形自己回帰移動平均モデルを使用したインジケーターです。

様々なリアルタイムチャートで表示が可能なこのインジケーターは、ARMAモデルの自己回帰と移動平均によってパラメーターに基づいた売買シグナルを導出します。 CMEなどの公式サイトでは日経先物の株価や為替のデータを時系列情報にして公開していますので、Excelにダウンロードしてオリジナルのシグナルを出すことができます。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 シカゴ日経先物と日本株ADR

個別株が貸借銘柄であれば、信用残高の貸借倍率を分析することでシカゴ日経先物とのベータ値が高くてもある程度の株価予想が可能になります。 しかし日経先物だと信用取引の買い残や売り残の変化は株価に影響しないため、ファンダメンタルズの変化や過去の時系列チャートをテクニカル分析することで売買タイミングを見つけます。 NYダウ30種工業株平均やナスダックの動向を速報で確認して、さらに日本株ADRの値動きから同じセクターの騰落率を予想します。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル


 リアルタイム日経先物

国内の証券会社におけるナイト・セッションでリアルタイム日経先物を売買したときは、約定日は翌営業日扱いとなります。 日経225miniはラージと比較すると1/10の価格で売買ができるため、少額からでも億単位の資産形成が可能になります。 信用取引のように弁済期限が無期限ではなく、限月と呼ばれる満期日が設定されています。 しかし期近物から次の限月にポジションを次々にロールオーバーしていけば、手数料は都度発生しますが、事実上返済期限が無期限の建て玉を保有することができます。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


東証に上場している企業のうち時価総額が大きい銘柄は日経平均株価に与える影響力が大きく、決算発表スケジュールで発表が早い株の内容次第でその後のモメンタムが変わってきます。 全体的に下方修正が目立つようであれば株価はそれを織り込んで下落しますが、1社だけ好業績を発表するとその銘柄は水準是正の買い物により値上がりする時系列パターンが多いです。 欧米の株式市場と為替相場、中国株などのアジア株式、WTI原油価格の動向によってCME清算値が左右される展開が今後も継続するでしょう。