NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック

 ニューヨークダウ先物との連動性が低い株

 陰陽は循環す

リアルタイムチャートでローソク足のパターンを分析していると、相場にはサイクルが存在してそれを繰り返しているということが分かります。 ダウ平均先物やグローベックス先物もWTI原油先物のように一定のサイクルで上昇波動と下落波を交互に繰り返しています。 株価先物が値下がりするときも一気に値下がりしているようでも、暴落の途中でアヤ戻しでリバウンドを経ていることがリアルタイムチャートから分析できます。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 余り物に値なし

IPO銘柄は公募価格から乖離して上昇し、その後乱高下するチャートのパターンがかなり多いです。 株価が高値圏で乱高下したあとに仕手化して上値を追うローソク足の組み合わせになるケースは少ないです。 PBRやPERから判断して超割高水準まで買い進まれている株は、人気が剥落すると需給が崩れて、もとの水準から10分の1以下まで暴落する可能性が高いです。

IPO株はCMEのニューヨークダウ先物との連動性が低い株が多いので、全体相場の地合いが芳しくないときでもストップ高まで買いを集めることがあります。 グローベックスの日経平均先物が急落していても、前日までのローソク足の組み合わせが強ければプラス圏を維持するチャートパターンもあります。 個別株で割高な銘柄が目立ってきて、経済指標の内容が悪化してくると、NYダウ先物が高値圏のもみ合いから暴落するかもしれません。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 行き過ぎもまた相場

株価は世界同時株安のセリングクライマックスのように、オーバーシュートする局面が往々にしてあります。 テクニカル指標のボリンジャーバンドのプラスマイナス2σの範囲外まで突き抜けるようなボラティリティーが拡大しているときは、逆張りに適しています。

リアルタイムチャートでNYダウのシカゴ先物の動向をチェックして、ドル円相場の推移から影響度を分析します。 ただ、自分の投資資金を考慮してポジションサイジングに気をつけてナンピン買いに対応できるよう投資しましょう。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象


 押目待ちに押目なし

グローベックスのNYダウ先物は、本当に買い意欲の強い上昇相場なら、リアルタイムチャートで押し目を形成せずにどんどん上値を確認するような歩み値になります。 CMEの日経平均225先物は暴騰した後に10%程度の価格的調整を作り、その後小さなボックス相場の上限をブレイクアウトするローソク足のパターンが目立ちます。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較