先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 時系列のナスダック株価とS&P500を比較

ナスダック先物で値幅取りするからといって、それ以外の株をチェックしなくても良いということはありません。 ダウ理論では全ての売買材料は織り込まれるとしていますが、その織り込む局面が一瞬のときもあれば数ヶ月かかることもあります。 ですので、先行していると考えられる指標を見つけて比較しつつ、ダウ30種平均先物のインジケーターの見方を研究するスタンスが賢明です。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 時系列のナスダック総合株価指数からわかること

時系列のナスダックは過去の株価推移を時間順に並べたもので、主に時系列チャートでデータが表示されます。 時系列の株価情報なら、過去のある時期におけるローソク足の組み合わせやテクニカル分析の指し示すものが全て記録されています。 それらの情報と、NASDAQの現在値の水準を比較したり、板情報から買気配の強さや売気配の変化を比較してトレンドを予想できるのです。

ナスダック先物の板情報はCMEの先物が提供してくれていますので、リアルタイムチャートの横の情報窓に表示されている気配の変化を分析してモメンタムを読み取りましょう。 NASDAQ先物はS&P500先物とある程度連動して推移しますので、過去のデータと比較して、上昇トレンドが継続しそうかどうかを予測します。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 S&P500とNASDAQのリアルタイムチャートを比較

S&P500は構成銘柄数が多いので、影響力のある数銘柄に指数が振り回されるということがありません。 ナスダックよりもより米国株の地合いを正確に反映しているともいえます。 この2つの株価指数を比較することで、IT株と時価総額の大きい内需関連株のどちらに投機資金が集まっているかを知ることができます。 強いモメンタムなら、リアルタイムチャートの一目均衡表の雲を上抜けて株価推移が安定します。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



株チャートの一目均衡表で強気のシグナルが出ているときは買い方有利ですので、買い建てで値幅取りをした方が利益を出しやすいといえます。 株チャートで雲の上方ブレイクや下方ブレイクを売買サインと見なして株取引をしたいのであれば、リアルタイムに株価データを反映しているチャートが良いです。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較