先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 ナスダック先物とCMEグローベックスを分析する

メタトレーダーではCMEのグローベックスをリアルタイムチャートで見れます。 過去の時系列データをローソク足に変換して、5分足や1時間足として表示できます。 そのときに見れるテクニカル分析は、加重平均MACDやマネーフローインデックスといった有名なインジケーターで、オリジナルで開発されたインジケーターはオプションとして追加できるようになっています。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 CMEグローベックスのチャートについて

CME日経平均株価のトレンドをリアルタイムチャートのローソク足で表示してみましょう。 すると、安値を結んだラインと高値を結んだラインに沿うようにしてCMEのGlobex先物が推移している局面があります。 CMEグローベックスのNYダウのチャートでもNASDAQと同じように下値支持帯では押し目買いが旺盛に入り、上値が重くなる水準ではシコリ売りにより押し戻されるローソク足のパターンが増えます。

グローベックス先物はアルゴリズム取引の影響を受けて独特の値動きが形成されることがあり、株価グラフの推移を分析する際は日本株とは違ったテクニカル指標を使用すると良い結果が得られることが多いです。 シカゴの日経平均指数は24時間の電子取引により管理されていますので、世界中で起きた経済イベントを即時に織り込んでいきます。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 ナスダック先物とNYダウ先物の乖離

ナスダック先物やダウ工業株30種平均先物は、しばしばS&P500の過去の推移と比較されます。 S&P500はNASDAQやDOWと比べると構成銘柄数が多く、機関投資家の運用成績を計るベンチマークとして有効です。 S&P500とNASDAQの乖離がリアルタイムチャートで大きくなると、よりボラティリティーと乖離率が拡大するか、数日かけて乖離率が縮小する値動きになるかどちらかのパターンが目立ちます。

世界中の投資家は、世界株価指数を複数使って日々サヤ取りをしていますので、莫大な資金を持った投機筋が目を付ければ、指数先物の乖離率は大きく変動します。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



ナスダック先物とNYダウ先物のサヤ取りを検討する場合は、それぞれの指数について短期移動平均線と長期移動平均線の乖離率を分析しましょう。 どちらも、乖離が大きくなれば時間が経つと縮小する動きが確認できるはずです。 移動平均線が横ばい推移になって株価との乖離が埋まるか、逆に株価のボラティリティが縮小して移動平均線との収斂が示現します。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較