リアルタイムチャート
ダウ
NYダウ平均
リアルタイムのダウ
リアルタイムのNASDAQ
日経平均225
日経平均株価チャート
世界の株価チャート
主力株
日本株のADR一覧
ドル円
株式用語
投資の手法
株式格言
テクニカル指標の研究
株価の底入れ
ボリンジャーバンドの見方
ローソク足の見方
日経平均の騰落レシオ
25日移動平均線乖離率
売り禁の両建て手法
ダウ理論
MT4のインジケーター
パラボリックの使い方と手法

 MT4でのリアルタイムチャートの使い方

テクニカル分析の組み合わせやインジケーターの設定は、色々と試してみましょう。 銘柄ごとに最適な数値の設定があったり、NYダウ30種先物で有効なインジケーターとダマシが多すぎるテクニカル指標が分かったりしますよね。 お気に入りのテクニカル指標や設定が決まったら、複数表示させて定型チャートとして保存しておきましょう。
CMEのシカゴ先物清算値
窓チャートの使い方と見方
チャートにおける窓埋めの理論
窓埋めトレードがうまくいく確率
テクニカル指標の売買シグナル
MT4でのリアルタイムチャートの使い方
MT4の平均足でEAを使うときの設定
MT4のインジケーターでRCIを表示する
MACDのシグナルをMT4で設定する
日経225における騰落レシオのデータ

 MT4でのチャートの使い方

MT4ではチャートがリアルタイムに提供されていて、精度の高い独自のインジケーターが無料で使用できます。 普通はリアルタイムチャートを使うとなると、証券会社に口座を開いて、さらに利用料金を支払うなどの手続きが必要になります。 しかしメタトレーダーの株価グラフは申し込みも何も必要無く、デモ口座をオンラインで申請するだけで簡単にリアルタイムの株価が見れます。

しかも、為替レートだけでなく、NYダウ先物やCMEの日経225先物といった主要な指数もチェックできます。 メインで使用しているチャートが何らかの理由で使用できない状態でも、MT4ならその場ですぐにグローベックスのダウ平均やシカゴ先物を見ることができます。 MT4なら過去の時系列推移が見やすいように色を変更したり、インディケーターの設定も細かく変えることができるのです。
MetaTraderの自動売買
メタトレーダーでEAを作成する方法
株の板情報と気配値の見方
株の気配値の記号と読み方
ストップ高になった翌日の株価統計
ポイント&フィギュアをMT4で表示
日経平均先物をポイント&フィギュアで予想
インジケーターのダイバージェンス
CME先物の時系列データ
売り禁の後に踏み上げにあった


 MT4のリアルタイムチャートのメリット

MT4のリアルタイムチャートを使うことのメリットは、上記に記載した他に設定の自由度が挙げられます。 特に、インディケーターに関しては見方や使い方が簡単なのに、自分でアルゴリズムを変更してRSIやパラボリックのようなテクニカル分析を開発することができるのです。 普通のチャートならせいぜい分析対象とする日数や既定の可変項目をいじるだけなのですが、メタトレーダーならローソク足の高値部分のヒゲや、安値の色まで変えられるのです。

しかも日経225のシカゴ先物や現在値を一覧で表示することができますし、板情報や歩み値まで全ての株価データを一覧で見ることができます。 他のインディケーターが表示できるグラフだと、ティックチャートをリアルタイムに見ていると動作が重くなることがありますが、MT4だと動きが軽いです。



メタトレーダーにログインしたのに「Waiting for update」と表示されたままの状態が継続している場合は、通信がうまくいっていないということになります。 単純にインターネットに繋がっていないというケースが多いので、よくチェックしてみましょう。