ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 チャートのヘッドフェイクにどう対応するか


リアルタイムチャートでは株価が横バイ推移になって保ち合いと呼ばれる時系列パターンに移行することが確認できます。 保合い放れにつけという相場格言は、この横ばい相場や三角保ち合いから株価が放れた方向に順張りすればサヤ取りが出来るということを表しています。 ヘッドフェイクと呼ばれる値動きは、この売買シグナルが出てから逆に急変動するローソク足のパターンのことです。 ニューヨークダウ先物にヘッドフェイクが示現したら、すぐに損切りして逆にポジションをとってみましょう。 利食い確度はかなり高くなり、ロスカットで発生した損失もカバーできる可能性が高いです。 ヘッドフェイクは発生するときは、CMEの日経平均225先物やNYダウ先物の影響を受けたときが多いです。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 ヘッドフェイクになるときのローソク足のパターン

グローベックスの日経平均のリアルタイムチャートをよく分析すると理解できるのですが、株価や為替レートはランダム性を持ちつつも周期を持った波動のようなものを形成していることが分かります。 5分足の推進波、日足の下降波、週足の上昇波動のように細かく分類できるモメンタムが組み合わさっています。 NYダウ先物の株価予想をするときには、それぞれのローソク足のトレンドのモーメンタムに分解してテクニカル指標で分析してみましょう。 上昇しているときは買い、売られて下落基調になっているときには空売り、そしてどちらだか分からないときには投資を休むことが大切です。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル



 山高ければ谷深し

Nikkei225チャートの分析で発見することの一つに、大きく下がれば大きく上がり、その逆のケースも多々あるというポイントが挙げられます。 例えばIT株バブルでネット関連株が何十倍にも上昇した後には、10年スパンで元の水準以下に値下がりしてしまっています。 ディフェンシブ性の高い内需関連銘柄も、業績の変動や市場環境の変化によりファンダメンタルズが急激に悪化することもあります。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


 二番底は黙って買え

チャートで急落後に底打ちして、上がりだしたかと思うとヘッドフェイクが示現してまた下がるという局面がありますよね。 この局面を二番底といって、絶好の買い時になる可能性があるのです。 ローソク足の組み合わせやパターンをよく研究して、どのようなローソク足の見方をすれば利食い確度を高められるのかを判断しましょう。