ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 テクニカル指標の理論と評価損益で分析する


株屋の増築、売りの好機とは、株式投資が盛んになり証券会社の利益が増えるような時期は、既に株価が高値圏にあるために売り抜けるタイミングとしては適しているという意味になります。 同じような指標として信用取引の評価損益がプラス圏になったときには、空売りに適しているというものがあります。 評価損益がプラスになるということはほとんどなく、NYダウ平均先物がよほど良い地合いでないと投資家全体のポジションに利益が出るということはありません。 それだけ信用取引を行なっている投資家の評価損益が芳しくなく、サヤ取りで利益を出すことが難しいということになります。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 売り買いは三日待て

株価は需給が崩れて一方的に買い方有利の展開になれば、ストップ高が連続するようなローソク足のパターンになることが多いです。 逆に、ファンダメンタルズが悪化することで、売り方有利の局面では信用取引の強制ロスカットを避けるための売り物が投げ売りを誘発して、オーバーシュートするケースが目立ちます。

リアルタイムチャートの天井では今にも値崩れしそうな印象を受けますが、たいていのローソク足の組み合わせではさらに上値を確認するでしょう。 また、底打ちだと判断しても、さらに下方の下値の窓を埋めるためにCME日経平均先物やNYダウ先物の下落局面を待つような動きもよくあります。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル



 相場に過去はない

グローベックスのNYダウ先物のチャート分析では、過去の時系列パターンをいくら分析しても全く同じローソク足のパターンが無いことが分かります。 過去の経験則と全く同一の値動きは将来的にも存在しないと想定して、ファンダメンタルズや世界株価指数の地合いなどを総合的に判断することがポイントです。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


 理屈上手の商い下手

実は数多くのテクニカル指標やファンダメンタルズを使って現在のリアルタイムチャートにおける値動きを説明することは可能です。 しかしながら、根拠に一貫性が有り、将来的にも現在の理論が通用するような理屈を持ってテクニカル分析を実施することは難しいのが実情です。 売買シグナルやテクニカル分析に用いる数値の分析だけならまだしも、数値化できない地合いの感覚やファンダメンタルズの変化を正確に捉えることは困難なのです。