リアルタイムチャート
ダウ
NYダウ平均
リアルタイムのダウ
リアルタイムのNASDAQ
日経平均225
日経平均株価チャート
世界の株価チャート
主力株
日本株のADR一覧
ドル円
株式用語
投資の手法
株式格言
テクニカル指標の研究
株価の底入れ
ボリンジャーバンドの見方
ローソク足の見方
日経平均の騰落レシオ
25日移動平均線乖離率
売り禁の両建て手法
ダウ理論
MT4のインジケーター
パラボリックの使い方と手法

 窓埋めトレードがうまくいく確率

窓埋めトレードで重要なことは、ロスカットの基準を設定することと、完全にGAPを埋めなくても利益確定をしなくてはならないチャートのパターンもあるということを確認することです。 大相場を形成するときはGAPトレードを狙った投資家のロスカットを巻き込みながらボラティリティーを拡大することがあります。 高い確率でトレードがうまくいく手法だけに、ナンピン買いをして損失が大きくなってしまうパターンが多くなるので、リアルタイムチャートでローソク足の組み合わせを分析しておきましょう。
CMEのシカゴ先物清算値
窓チャートの使い方と見方
チャートにおける窓埋めの理論
窓埋めトレードがうまくいく確率
テクニカル指標の売買シグナル
MT4でのリアルタイムチャートの使い方
MT4の平均足でEAを使うときの設定
MT4のインジケーターでRCIを表示する
MACDのシグナルをMT4で設定する
日経225における騰落レシオのデータ

 窓埋めトレードの手法

窓埋めトレードとは、株式チャートの窓を埋める方向に順張りするという株取引の手法です。 内容は簡単で、リアルタイムチャートの窓に向かって株価が推移すると想定して、順張りで投機するというだけです。 例えばNYダウ先物が高値圏でもみ合い相場を形成しているとき、世界同時株安が発生してNASDAQ先物が暴落し始めた時に空売りして、窓埋め水準までそのポジションを維持するというトレードも考えられます。

リアルタイムにCMEのグローベックス先物を見て窓埋めの確率を予想するときは、MT4のリアルタイムチャートでローソク足を分析しましょう。 MT4ではリアルタイムのバーチャートやローソク足が見れますので、5分足や1時間足で窓が発生したら、窓埋めの確率をすぐに予測できます。
MetaTraderの自動売買
メタトレーダーでEAを作成する方法
株の板情報と気配値の見方
株の気配値の記号と読み方
ストップ高になった翌日の株価統計
ポイント&フィギュアをMT4で表示
日経平均先物をポイント&フィギュアで予想
インジケーターのダイバージェンス
CME先物の時系列データ
売り禁の後に踏み上げにあった


 窓埋め理論と窓埋めする確率

窓埋め理論を使ったトレードを組み立てるときは、先週末の終値と月曜日の始値との乖離に着目してみましょう。 週末をはさむと為替相場もニューヨークダウ先物や株価も乖離が発生しやすくなり、窓埋めトレードがうまくいく確率が上がるのです。 平日の株価推移というのは前日の終値との時間差は世界の株価指数でも18時間程度ですが、土日をはさむと経済ニュースを織り込めない時間が丸二日も開いてしまいますよね。

すると大きな乖離が示現して、値幅取りのチャンスが発生するのです。 しかもこのローソク足のパターンは毎週発生する確率が高く、その日のうちか数日中に埋める確率も50%以上といわれています。 中にはリアルタイムチャートのGAPを埋めずに株価が推移することもありますが、しっかりロスカットを厳守していればトレードはうまくいきます。



MT4では騰落レシオやローソク足などのインジケーターが無料で使用することができます。 ダウの先物はDJIAの騰落率や為替レート、ヨーロッパ株価によっても変動します。