先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 MACDの逆行現象で株価予想ができる

CMEのNYダウ先物をインジケーターで分析するときに留意しておきべきポイントがあります。 それは、リアルタイムチャートで株価の天井を予想するときには、いくつかのよく示現するローソク足のパターンを抑えておくと投資成績が改善されるという点です。 ローソク足で過去の推移が一回天井形成しそうになっていて、今回高値は前回の高値を更新しているのに上ヒゲになっているというパターンは、ダブルトップの可能性を考えるべきです。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 MACDの逆行現象の見方

MACDの逆行現象は、チャートでマックディーとシグナル線がクロスしている方向と逆の向きに過去の株価が推移している現象を指します。 特にニューヨークダウ平均先物のリアルタイムチャートで見られる逆行現象では、ローソク足のパターンがダブルトップになっていて、MACDがゴールデンクロスしているときがポイントになります。 MACDがゴールデンクロスということは買いシグナルですのでダブルトップで天井形成する動きというのはチャートの売買サインと株価推移に矛盾があります。

株価予想するときの見方で大切なことは、直近の動きが上げか下げか、どちらに推移したがっているかを見極めることです。 上昇トレンドを継続している場合は、下値支持線を割り込んでもローソク足の大陽線が示現して素早く値を戻します。 しかし上昇基調が反転してトレンドが転換する瞬間というのは、チャートの形状に違和感が必ずあります。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 MACDの逆行現象を発見する

MACDの逆行現象とダイバージェンスの見方を極めたら、次はリアルタイムチャートでローソク足の方向感を敏感に感じ取れるようになりましょう。 これは俗にいう相場観というものです。 言語化はなかなか難しいのですが、NYダウ先物のリアルタイムチャートの地合いや経済指標の発表を受けた米国株の様子、投資家心理の変化などを判断できる能力を相場観といいます。

例えば、株式市場で買い方と売り方が売買材料を巡って説得しあっていたとしますよね。 説得の状況は平行線(もみ合い相場)であっても、いつかは必ずどちらかに株価が振れます。 状況が変わるその瞬間、投資家センチメントの揺れや地合い、板状況の雰囲気をうまく言葉で説明せよと言われても難しいですが、確かに感じ取ることは出来ますよね。 それが株式相場でいう「株価を予想できる能力」つまり相場観なのです。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



ダウ平均株価先物やグローベックス先物も為替相場同様、ランダム性を伴ってトレンドが形成されていきます。 個別株よりもCME日経225先物やGlobex先物といった流動性の高い銘柄の方が、株価推移のランダム性が高いのです。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較