NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック

 テクニカル指標でリアルタイムチャートを研究する

 六十日でひと思案

株式相場というものはだいたい2ヶ月前後の日数を経て一つの大きな相場を形成することが多いという意味になります。 三角保ち合いやボックス相場、上値抵抗線や下値支持線といったリアルタイムチャートで重要になるテクニカル分析の節目に注目して株価予想をしましょう。 すると単純に現在のモメンタムだけで予測したトレンドよりも、より正確に買い場や売り場が分かるようになります。

NYダウ先物やグローベックスのシカゴ先物でも個別株と同じようにチャートの補助線によるトレンド予測が有効です。 ダウ先物のリアルタイムチャートにおけるボリンジャー・バンドは、逆張りよりもバンドウォークに注目した順張りに使えないか分析しましょう。 リアルタイムチャートのエンベローブは移動平均線からの乖離率による逆張り投資に使えるテクニカル指標です。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 逆さチャート

逆さチャートとは、通常の株価グラフを逆さまにした罫線の表示のことです。 ローソク足の組み合わせやパターンを研究していると、下がる確率が高いチャートのパターンが結構あることに気が付きます。 そこでさらに逆さの罫線でモメンタムや地合いを判断することで、最適な投資手法が思いつきます。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 理屈に負けて相場に勝て

高度なテクニカル分析の手法を使えばなるほど確かに株価の推移を理論的に説明できますが、実際の値動きとして予想が的中するとは限りません。 業績が悪化すれば株式市場はそれを織り込んで推移するため相場は値下がりするというのが通常の理屈ですが、織り込み済みの場合は逆に値上がりするローソク足のパターンもあります。

株式用語で織り込み済みといってもかなり抽象的な表現で、正確に相場の実体を示しているとはいえませんよね。 しかし、当たらないリアルタイムチャートのテクニカル分析を使うよりも、勝率が高い過去の経験則を使って利益を出したほうが良いです。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象


 保合相場に慣れて大勢を見誤るな

保ち合い相場は出来高が減少して閑散とするため、注目度が低下します。 しかしながらNYダウ先物やCMEのGlobexのリアルタイムチャートでは保ち合いは過去の推移から新しいトレンドが発生する重要な局面となります。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較