ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 ケルトナーチャネルの正しい使い方

チェスター・ケルトナーが考案したこのテクニカル分析は10日間移動平均線をもとにしたバンドをリアルタイムチャートに出すインジケーターです。 もともとは単純移動平均線を使用していましたが、後になりリンダ・ラシュキというチャート分析家が、指数平滑移動平均線と実質変動幅という2つのパラメータを追加・改良しました。 ほとんどエンベロープとの見分けがつきませんが、基本的な使い方としてはバンドの上限を上抜ければ買い、割り込めば売りとします。

ボリンジャーバンドとは異なり標準偏差の概念を取り入れていないので、株価が急変動する局面では順張り用のシグナルとするかパラメーターを長い期間で設定する必要があります。 ローバンドを下方にどんどん押していくような時系列推移をしているときは空売りを継続する見方が多いようです。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 ケルトナーズチャネルとは

ケルトナーズチャネルをもとに空売りを仕掛けて、利益確定するタイミングを計る場合はハイバンドを上方にブレイクアウトするまで待ちましょう。 いったんブレイクアウトすればテクニカル指標の方向感が定まったと見なす投資家が多いので、強いモメンタムが出ればドテンするような投資手法を採用します。 モメンタムの強弱感を判定するには、モメンタムオシレーターやRSIを用いるケースが多いようです。

エンベロープではローソク足のノイズをひろってしまい、ロスカットが多発するのですが、ケルトナーチャネルは正しい使い方をすれば非常に精度の高いサインを出してくれます。 ハイバンドかローバンドと株価の位置関係に注目しがちですが、バンド全体の傾きにも着目してみましょう。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル

 ケルトナーズチャネルの計測期間の設定

計測期間をなるべく長めにとることにより、短期間のイレギュラーな売買需要による騙しやノイズを回避できます。 CCIは商品先物のトレードに適したテクニカル分析として開発されましたが、指数先物だけでなくWTI原油相場や個別銘柄の予想にも使えます。 パラメーターは短くすればたくさん売買チャンスが出てきますが、その分利食いできる確率も少なくなります。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


レンジ相場であればおおよその変動幅を知らせてくれますし、トレンド相場ならどの程度のアヤ押しや上昇幅を形成しながら値上がりしていくのかが推測できます。 実質変動幅が大きくなっているときはボリンジャーバンドでいうエクスパンションの局面であると予想できますので、ボラティリティーが拡大する可能性があると考えます。