ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 ファンダメンタルズ分析とチャート分析について


相場は人気7分に材料3分という格言がある通り、強烈な売買材料が株式速報に流れても、人気やサプライズが伴わなければ株価の動意はありません。 買い材料が出ても既に織り込み済みの場合や、雇用統計や日銀短観といった重要な経済指標の発表を控えてイベントリスクの通過待ちの状況であればホッグ相場もあり得ますよね。 サヤ取りは値動きがなければできないので、横ばい相場が一番値幅取りの難易度が高いともいえます。 ボラティリティーが拡大するかどうか予想するためには、NYダウ先物のVIX指数の変動をリアルタイムチャートでチェックしましょう。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 ケイ線張りは盲目張り

罫線とはリアルタイムチャートで使うローソク足などの株価の表示方法のことです。 罫線はトレンドの趨勢を正確に表したもので、一定の形状から将来の株価を予想することが可能とされています。 ニューヨークダウ先物やファンダメンタルズの変化は時期は遅かれ早かれ全て織り込まれるため、ローソク足の組合わせやテクニカル指標の分析によってサヤ取りに役立ちます。

株式投資の手法は、アルゴリズム売買以外の手動発注ならファンダメンタルズ分析とチャート分析のどちらかに頼りすぎてもいけません。 NYダウ30種先物やCMEの日経225先物の方向感をリアルタイムチャートで分析して、個別株のトレンドや業績、経済指標の発表からマクロ面の外部環境まで全てチェックしましょう。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル



 人気は熱し易くまた冷め易い

仕手株というともとの水準の何倍にも上昇しなければ相場は終わらないというイメージを持つ投資家が多いと思います。 しかしながら仕手筋は建て玉を保有することのリスクに非常にシビアですので、提灯がつかないと判断したならば翌日に相場を終わらせてしまうというケースもあります。 仕手株に提灯をつけたあとに値下がりし始めたら、板情報や歩み値から大口投資家の売り抜けを予測し、すぐにロスカットのルール通りに損切りを実行しましょう。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


 利食い八分

建て玉に十分利が乗ったら、欲を出さずに利益確定売りした方が良いとされています。 売り時には、シカゴのグローベックス先物やダウ平均先物のテクニカルを指標とする手法もあります。 WTI原油先物やドル円の相場次第では地合いが一変することもありますので、リアルタイムチャートでテクニカルのシグナルが出ていないかチェックしましょう。