NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック

 暴騰した仕手株を26週移動平均線の乖離率で分析

 暴騰中の仕手株

テクニカル指標が効かなくなった暴騰中の仕手株はどのような相場観をもって売買すれば良いのでしょうか。 仕手筋はテクニカル分析を効かなくすることで自分たちの相場観を作り上げ、十分利益が発生する水準まで株価を暴騰させます。 相場の途中で大陰線を形成して空売りを引き込んで、一瞬にしていってこいの展開を作り上げてそのまますんなり高値を更新していきます。 NYダウ先物のリアルタイムチャートでは暴騰する展開はほとんどありませんが、世界同時株安の後のリバウンド局面では急上昇することがあります。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 26週移動平均線

移動平均線は最もベーシックで数学的な根拠があるテクニカル分析とされていて、某数学者が株価予想として使えるテクニカル指標は移動平均線だけと言っているほどです。 中でも5日と25日平均線は日本国内で最も参考にしている投資家が多い指標となっているため、株価に与える影響力も大きいとされています。 デイトレードやスキャルピングトレードでも参考になる設定ですが、さらにスパンを広げると13週と26週が特に信頼性が高く利食い確度が良いとされている設定です。

2000年前後のIT株が暴騰した時期でも、26週からの乖離率は200%程度が限界となっていて、この水準まで株価が上昇したら空売りあるいは利食いを検討した方が良いです。 仕手株でも株価のテクニカル指標の過熱感を抑えるためにボックス相場に移行する時系列のパターンが多いです。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 Divergence Trading Method

Divergence Trading MethodはMACDの別名で、移動平均収束拡散法とも呼ばれています。 基準ラインとなる0の水準から上の部分を推移していれば買い方有利で上昇トレンド、下の部分を推移していれば売り意欲が強いために空売りでのサヤ取りがしやすい相場になります。 シグナル線がMACDを上回る動きをゴールデンクロスといい、買いシグナルとされています。 逆に、シグナル線がMACDを割り込むことをデッドクロスといい、下落相場入りする可能性が高まっていると判断できます。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象


 オーバーシュートする要因

投げ売りにより株価が暴落する展開をオーバーシュートといい、株式市場ではしばしば発生する特徴のある時系列パターンです。 NYダウ先物のリアルタイムチャートでは、5分足でもテクニカルの要因からプログラム売りに一気に押されて下落する値動きがあります。 CMEのグローベックスではアルゴリズム売買が非常に活発なため、東京株式市場の個別株とはまた違った株価変動のリズムがあります。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較