NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック


 株安の理由と影響について

 株価グラフのギャップアップ

リアルタイムチャートの窓開け上昇のことを欧米の投資家は「ギャップ・アップ」といいます。 チャートの窓のことをギャップといい、やはり海外でも重要なテクニカル分析のシグナルとして重視します。 チャートのギャップはWTI原油先物のリアルタイムチャートや、グローベックスのドル円の株価グラフでもかなり多く示現します。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 株安になる理由

株安になる理由はたくさんありますが、一番多いパターンとしてGlobexにおけるNYダウ先物の暴落が挙げられます。 暴落は株安が急速に進行することをいいます。 見分け方として一番簡単なのはリアルタイムチャートから過去の時系列と比較して、数日から数ヶ月程度の短期間に大きく値下がりしていると判断しやすいです。

NYダウ先物がリアルタイムに暴落すればCMEの日経平均先物も連動性をもって値下がりしますので、東京株式市場の地合いも悪化します。 ダウ平均の先物はアルゴリズム取引といわれる自動売買の影響が大きいため、一度下がり始めたらオーバーシュートするまでとことん下がるローソク足のパターンが多いのです。 世界同時株安のきっかけとなるのは、世界株価指数が同時に大きく下落することです。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 円高も株安の原因になる

ドル円の為替相場における円高進行は、海外の売上比率が高い輸出関連株にとっては売り材料になります。 為替予約などにより円高対策はできますが限度があり、営業利益の圧迫要因になります。 輸出関連株は日経平均株価への寄与率が高い銘柄が多いので、グローベックスのNYダウの先物が3%以上下落し、さらに円高に振れていれば株を売る理由としては十分な訳です。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



世界株価指数が暴落すれば、世界中の投資家のセンチメントが悪化し、リスクオフの流れが強まることで様々な業種の株が投げ売り対象となります。 グローベックスのCME日経225先物などの株価指数が売られる反面、金や銀といった商品先物が逆に投機対象となって値上がりすることもあります。 リアルタイムチャートでこれらの指標をテクニカル分析して、ローソク足の組み合わせを研究すれば値動きを予想することもできます。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較