ダウ先物チャート
ダウ先物
NYダウ
NYダウリアルタイムチャート
ナスダック
CME日経平均先物
日経225株価のチャート
世界株価チャート
日足
ADR
ドル円リアルタイム
証券用語集
投資手法
長期投資
リアルタイムチャートの研究
ブル相場
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足の見方を解説
日経平均騰落レシオ
25日移動平均乖離率
売り禁の手法
ダウ理論(Dow Theory)
インジケーター
パラボリックの使い方

 ダウ平均株価を分析するのに適したテクニカル指標

ダウ平均株価の時系列チャートを分析するのに適したテクニカル指標は何でしょうか。 何か単独で使用して凄まじい投資成績をあげるテクニカル指標はありません。 DJIA株価やCME日経平均のリアルタイムチャートを分析するときには、ローソク足を基本にして複数の指標を組み合わせる手法が一般的です。

株式速報で速報性を重視するならばロイターをチョイスして、セクターや要人発言の分析にはブルームバーグが良いかもしれません。 ファンダメンタルズの変化はすぐに株価や先物に反映されますので、経済指標の内容や市場コンセンサスとの乖離は確認する必要がないという投資家もいます。 しかし、それで済んでしまうのはスキャルピングのサヤ取りで稼ぐ投機家ぐらいなものです。

ドル円などの為替相場やWTI原油先物などをトレードするときはFOMCや地政学的ニュースを注意深く判断していかなければなりません。
CMEとNASDAQの連動性
ボリンジャーバンドの見方と欠点
NYダウ先物とドル円
日足をRSIで分析
ダウ平均株価の時系列チャート
移動平均線乖離率の手法
損切りのタイミング
スウィングトレードの勝率
ローソク足の基本形
ローソク足のパターン

ダウ平均とCME日経平均225先物をボラティリティーで比較すれば、値動きが激しいのはNYダウ先物になります。 日経平均先物はNYダウ先物に追随するように動きます。 例えばDJIAが前日比±ゼロ付近から2%下落したとすると、日経平均は1.5%程度下落した水準で寄り付き、さらに0.5%程度値下がりするという時系列パターンが多いです。 値下がり幅はどちらもほぼ同じですが、サヤ取り可能な値幅が全く異なります。


 アルゴリズムによる自動売買

ダウ平均やナスダック株価指数は世界株価指数をリードすることが多く、株式市場におけるモメンタムが発生する場所と言ってもいいかもしれません。 欧米の市場はアルゴリズムによる自動売買が非常に多いので、テクニカル的に下げなのか上昇相場なのかが意外とはっきりしている局面が多いです。 これは様々な時間足でいえる特徴です。



日足でも20連騰近く続けて上げたり、その逆の時系列の推移もあります。 東京株式市場も後追いで十字足を連発しつつも上昇基調を形成することがあります。 個別株の動向をチェックすると、NYダウが小幅上昇の日に価格的調整を入れてチャートの形状がしっくりくるようになる時系列パターンがあります。