ダウ先物チャート
ダウ先物
NYダウ
NYダウリアルタイムチャート
ナスダック
CME日経平均先物
日経225株価のチャート
世界株価チャート
日足
ADR
ドル円リアルタイム
証券用語集
投資手法
長期投資
リアルタイムチャートの研究
ブル相場
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足の見方を解説
日経平均騰落レシオ
25日移動平均乖離率
売り禁の手法
ダウ理論(Dow Theory)
インジケーター
パラボリックの使い方

 マルチタイムフレームでリアルタイムチャートを分析する

MT4のリアルタイムチャートで分析するメリットは、マルチタイムフレームで様々なテクニカル指標を使用出来るということでしょう。 例えば5分足では下落する可能性が高い局面でも、日足では強含みなので総合的に判断すれば絶好の押し目買いポイントというチャートの形であることがあります。 マルチタイムフレームを使っていなければ、トレードのエントリーで誤判断してしまう局面も多くあります。

MT4のインジケーター(Indicator)はカスタムできるため、自分で独自の指標を作り出すことができます。 RSIやRCI(Ranking Correlation Index)はトレンド相場に向かないとされていますが、他のテクニカル指標と組み合わせることで色々な使い方が可能になります。 デイトレードでNYダウ先物やCME日経225先物をスキャルピングするときには、複数のリアルタイムチャートを起動して分析すればより正確なモメンタムが掴めます。
ボラティリティースプレッド
テクニカル分析(Technical analysis)
ポイント&フィギュア
ドテン売買に適したパラボリック
日経平均と騰落レシオの関係
MT4のインジケーター
チャートのインディケーター
CCI(コモディティ・チャネル・インデックス)
ローソク足の組み合わせ
日経225シカゴ先物の見方

SuperTrendBarは、4つの時間軸の株価トレンドを判定し、それぞれのモメンタムを表示して売り時と買い時を判断するというインディケーターです。 4つのシグナルが転換したときが売買のタイミングとして適しています。 ロスカットは、2本のシグナルが転換したときにするのが良いでしょう。


 ブレイクアウトを示すインジケーター

高値や安値をブレイクアウトしたときに自動売買のオーダーを出したいときには、channel_breakout_basicというインジケーターを使いましょう。 channel_breakout_basicは前回のトレンドの高値と安値をラインでチャート上に示してくれるテクニカル分析です。 株価トレンドが転換したときには、一定時間を経てシグナルが乖離を埋めるように動きます。



super-signals_v2は、モメンタムが変化したときに矢印をチャートに表示するインジケータです。 ローソク足でいうヒゲが示現したときに売買サインが出やすいです。