ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 仕手株のローソク足のパターンを分析する


戻り待ちに戻りなしとは、下落した株がリバウンドして値を戻す可能性は低いということを表した相場格言です。 グローベックスの日経平均先物でもいったん暴落すると全戻しする可能性が低く、アヤ戻しは絶好の売り場になる時系列パターンがほとんどです。

株価の値動きは1ティックごとに意味を持っており、NY先物でもわずかなトレンドの変化からモメンタムを正確に把握しようと投資家が板情報を研究しています。 リアルタイムチャートのローソク足の組み合わせで目先の方向感が分かることがあり、ローソク足のパターンは分析する価値が大きいです。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 逆日歩に買いなし

逆日歩は株不足になった貸借銘柄に発生する品貸料のことで、仕手株が暴騰する局面でよく発生します。 この逆日歩が発生すると売り方、つまり信用取引で空売りしている投資家は料率に従って株式の調達量を支払わなくてはなりません。

ただでさえ株価が暴騰して強制ロスカットの可能性が高まっているのに、さらに売買コストを支払わなければならないという状況です。 この局面では空売りのロスカットによる踏み上げが期待できるのですが、短期的に暴騰した後は仕手相場が終了する可能性が高まりますので、買いを入れない方が良いのです。 NYダウ先物に方向感が無く、閑散相場だと市場の投資資金が値幅取りするために、値動きの軽い株に集中しやすくなります。 CMEの日経平均先物やNYダウ先物では品貸料や貸株料という売買コストはありません。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル



 相場の金と凧の糸は出しきるな

信用取引の維持率が40%以下になるようなハイリスクな投機を繰り返していると、一度の損失で相場を退場させられるほどのドローダウンを生じることがあります。 投資対象によって最適なポジションサイジングがあり、ナンピンをするのかしないのか、ベータ値やボラティリティはどの程度なのかという様々な指標を勘案する必要があります。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


 高値おぼえ、安値おぼえ

以前の相場水準における相場観に固執してしまい、変化した現在のモメンタムを把握出来なくなった状況を表しています。 「3ヶ月前から株価が半分になったから買いだ」とか、「短期的に2倍になったんだからそろそろ空売りするべきだ」という根拠の無い相場観で利益を出すことは難しいです。