ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 グランビルの法則を検証してデイトレする

グランビルの法則によれば移動平均線の上昇中に株価が少し押したところが買いのポイントになり、逆に移動平均線が下落中に価格がある程度戻したところは売りになります。 簡単に言えば下落後のアヤ戻しは空売りのタイミングとして適しているということになります。 移動平均線乖離率による逆バリ手法と似ていますが、グランビルの法則はトレンドラインが継続している間でしか通用しないのに対して、乖離率手法はオーバーシュートすればするほど値幅が狙えることになります。

トレンドフォローの押し目買いのつもりが平均線が下向きに変化してしまったら潔くロスカットすべきです。 また、平均線より大幅に上方に値が飛んだときは利益確定の売り物に押される確率が高くなるため、ナスダック先物やダウ工業株先物のリアルタイムチャートから売り時を探しましょう。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 グランビルの法則をリアルタイムチャートで検証

検証するためにはダウ理論などのテクニカル分析が使用できるリアルタイムチャートを用意して、デイトレードに使えるか5分足のボラティリティーを分析します。 流動性が高く売買高も一定以上あるダウ先物や日経平均などが検証の対象に向いています。 グランビルの法則だけで利ザヤ稼ぎができる相場はそれほど多くないので、デイトレに適するインジケーターはどれかという点も検証しましょう。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル

 グランビルの法則と移動平均線の推移

移動平均線との位置関係から売買判断をする手法はデイトレでも通用する分かりやすいシグナルですので、ダブルボトムや逆三尊型の底入れなどのローソク足のパターンを覚えましょう。 ダブルボトムは株価が直近安値をブレイクしているかどうかを底入れの判断要因とする投資家もいますが、実際の株価推移はランダムウォークの性質が強いので柔軟に対応した方が良いです。 仕手株は特に底練りの期間が長く、高値でシコリ玉を作った投資家の投げ売りがいつまでも続くので、買い時の判断が難しいです。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


少し吹き上げた程度では上値でやれやれ売りが出て結局大引けに向けて長い上ヒゲを形成するローソク足が多いようです。 日足や週足のチャート形状が改善するまで上値はそれほど軽くはないと考えて需給を読んだほうが良いです。