NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック


 NYダウ先物の売り崩しについて

メタトレーダーのリアルタイムチャートでは海外で頻繁に使われているのに、日本国内では知名度が低いインジケーターがかなり多く登録されています。 ウィリアムズ・パーセント・レンジ(Williams' Percent Range)や、アクセラレーター・オシレーター(Accelerator Oscillator)などはもともとCMEのグローベックスなど先物分析に専門的に使用されていたテクニカル分析です。 平均足でトレンドが継続しているかどうかを判断して、一目均衡表やローソク足のパターンからリアルタイムチャートの先高感を予想しましょう。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 先物は売り崩しできるのか?

日経平均株価の採用銘柄に全て介入して現物株の指数を変動させようとすると莫大な資金が必要になりますが、日経平均225先物の場合は機関投資家であれば数秒程度の間であれば株価を変動させることができます。 これを利用してNYダウ先物やNASDAQ先物が暴落して地合いが悪化した局面で、Nikkei225先物に大量の売り玉を出して売り崩しを図る向きもあります。 日経平均先物におけるデリバティブや日経平均オプションの関係で、価格を先物オプションの引き受け手側に都合の良い方向へSQ直前にずらすということも以前はあったようです。

現在はアルゴリズム売買が発達して、ニューヨークダウ先物との相関性などから判断して不自然な値動きはすぐに是正されるようになっています。 東証の日経平均225先物が売り崩されると、リアルタイムチャートでローソク足が大陰線を示すのですぐに分かります。 グローベックスのダウ平均先物も東証と同じく投機筋の思惑によって株価が動きますが、為替相場を動かすほどの資金が必要になります。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 NYダウ先物のチャートの窓

ダウ平均先物のリアルタイムチャートにもCME日経225先物の株価グラフのように窓が発生します。 世界同時株安のような大暴落が発生しない限り、上値に窓を示現して埋めないまま徐々に水準を切り下げていくローソク足の組み合わせであれば、リアルタイムチャートのリバウンドの目標水準になります。 また、投資家心理や地合いが悪化してNYダウ先物が下落基調を継続しているローソク足の組み合わせの場合は、リアルタイムチャートの下方の窓に注目してみましょう。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



単純なテクニカル指標として移動平均線がありますが、最も数学的根拠のある分析方法とされていますので、トレードがうまくいっていない方は再注目してみましょう。 特にリアルタイムチャートにおける移動平均線との乖離率を売買の根拠にするトレード手法が有名です。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較