先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 株価先物の投資手法と投資家心理

リアルタイムチャートの見方の大原則として、直近の出来高推移からしてシコリ売りが出そうであるかどうかをチェックすることがコツになります。 ダウの株価先物が下落して、また値を戻すリバウンドでは、もみ合い水準があるかどうか、またそのシコリ玉の規模は大きそうかどうかを想定しておくことでトレードが成功するかどうかが決まってきます。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 日経平均の株価先物に投資したい

日経平均に投資したいという場合は、現物株225種全てに分散投資しても売買が大変ですので、日経平均の株価先物で買い玉を建てた方が良いです。 NYダウやナスダックといった先物のテクニカル分析を理解して、自分の得意な銘柄と組み合わせを発見したならば、次は投資心理の揺れをコントロールする術を身につけましょう。 リアルタイムチャートのテクニカル指標の設定をいじってアルゴリズム売買を稼働させれば投資家心理は売買には影響しませんが、裁量トレードだと感情が投資結果に影響してしまいます。

ロスカットになるリスクを抑えて、大きな値幅が取れる投資手法が完成しても、実際にその手法を活かすのは投資家自身です。 投資家自身の心理が安定していなければ、ロスカットしなければならない時に損切り出来ず、利益確定しなければならないのにしないということが起きてしまいます。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 ダウ先物の投資手法

ダウ先物の最新の投資手法は、アルゴリズム売買と裁量トレードを組み合わせたものです。 一番理想的な手動のトレードは、テクニカル分析のプログラムのように感情を交えず、シグナルが出たらただ淡々と売買注文を出すというトレードです。

人間の投資心理というのはプロスペクト理論で説明されるように、もともとトレードすればするほど損失が拡大するようにできているのです。 つまり、株価先物のトレードで利益を出すには、人間が本来持っている心理状態から導き出される投資行動とは、反対のことをしなくてはならないのです。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



グローベックスにおけるリアルタイムチャートの分析で買いたいという衝動に駆られたら売ったほうが利益が出る可能性が高いという局面がかなりあるはずです。 実際の投機筋は、現在積み上がっているポジションを決済(ロスカット)させて相場を急変させることで、自分たちのポジションの利益を確保しようとします。 株価先物も為替相場もこの動きの繰り返しですので、Globex先物でもダウ平均工業株先物でも同じく売買判断するときは視点を変えて見てみましょう。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較