ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 日経225のシカゴ先物のグローベックスをテクニカル分析


リアルタイムチャートの分析でローソク足のパターンが保ち合いに入ったとき、方向感を見極めるために信用取引で両建てをしたとします。 その後ブレイクアウトしたとしたら、どのような玉のさばき方をしたら良いのでしょうか。 両建てした後の対応は、損から外すという手法を身につけましょう。

投資家心理としては、利益が乗っている玉を確定させて、損失が出ているポジションがプラスになるのを待つというような投資手法を実行したくなりますよね。 しかし、相場のトレンドが発生したということは順張りに適していると考えるのが妥当なので、チャートにおけるローソク足のパターンや大局を十分考慮した判断が必要になります。 買い時や売り時の判断にはNYダウ先物と日経225のシカゴ先物のグローベックスをテクニカル分析して、売買シグナルと移動平均線の乖離を確認するのが良いです。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 不時に向え

業績の下方修正や銀行株の増資などファンダメンタルズの急変は、材料が強ければ強いほど短期間のうちに織り込む傾向があります。 リアルタイムチャートで見れば株価が垂直に下落しているように暴落しますが、1ヶ月から2ヶ月程度すれば底打ちするローソク足の組み合わせが多いです。

世界同時株安が発生したときのNYダウ先物のローソク足では、日足で確認すると買い時の判断が早すぎることがあるので、週足で下ヒゲを確認した方が良いでしょう。 欧州金融危機のように急に景気が悪化しても、NYダウ平均先物のローソク足は下値を切り上げる展開になることがあります。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル



 人の商いを羨むべからず

他の投資家が大きな利益を上げていたとしても、自分の投資手法を貫いて淡々とトレードすることが大切です。 著名な海外の投資家のポジションを真似たりしても結局うまくいかないと思います。 NYダウ先物のリアルタイムチャートでMFIやヒストリカルボラティリティの解析をしてみましょう。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


 物の景気ということは我が智力強ければ必ず見ゆる所なり

CMEの日経平均先物やニューヨークダウ先物はトレンドを形成しつつもランダム性を持っており、テクニカル分析しても転換点が把握できないということがあります。 モメンタムに沿った順張りで儲かるときもあれば、ランダム性が強まってどんなトレードを実行しても利益が出ないという局面がありますよね。 テクニカル指標やリアルタイムチャートで分析しても相場の実体が掴めないとなると大変ですが、経験則を積んでいけば必ず利食い確度を高めることができます。