NYダウ先物のリアルタイムチャート(テクニカル指標)  RSIとストキャスティクスというオシレーター系指標を表示
 日経平均株価先物リアルタイムチャート  グローベックスの清算値との乖離で寄り付きを予想
ダウ先物
CMEシカゴ先物と速報
NYダウのテクニカルチャート
リアルタイムのNYダウ先物
グローベックスCME先物
ナスダック(NASDAQ)
CME日経平均225先物
日経平均株価のチャート
世界株価指数チャート
主力株の日足チャート
日本株ADR一覧
ドル円リアルタイムチャート
円相場
株式用語集
チャートの見方
相場格言一覧
NYダウ先物チャートの研究
英語の相場格言
ボリンジャーバンドの見方
ローソク足の見方
日経平均の騰落レシオ
25日移動平均線乖離率
売り禁の両建て手法
ダウ理論
MT4のインジケーター
パラボリックの使い方と手法

 株式投資で役立つ英語の格言

 Past performance does not guarantee future results.

過去の運用成績は、将来的な運用成績を保証するものではありません。

今までに株式投資でいかに優秀なリターンを得ていたとしても、来年、明日には一文無しになっている可能性があります。 常に市場に放出される売買材料に注目し、モメンタムや株価トレンドといったものに注目していなければなりません。 リスクと期待されるリターンの大きさを天秤にかけて、圧倒的に期待値が高いトレードならば躊躇することはありません。
日経ジャスダック平均
値洗い
東証株価指数
特別気配
材料株
新値足
現引き
米株価指数先物
S&P500
VWAP


 Sell in May and go away.

5月のうちに売り抜けていったん投資は休みにしよう。

株式業界では様々なアノマリーが存在していますが、比較的根拠があると考えられる格言がこれです。 5月はヘッジファンドの換金売りが集中しやすく、12月に向けて米国における重要な経済イベントや年末商戦が控えているため売り場として適しているとされています。
板寄せ



 Never short a dull market.

値動きの鈍い相場では空売りをしてはいけない。

信用取引であればブル相場でもベア相場でも利益を出すことができますが、ホッグ相場は儲けられないということを表した投資格言です。 横ばい相場というのは強くも弱くも見えるため、テクニカル指標のダマシも多い局面です。


 Buy high, sell higher.

高値圏で買って、さらに値上がりしたところで売れ。

リアルタイムチャートの日足ベースでダウ平均の先物やNikkei225先物の水準を確認すると、とてもじゃないけども過熱していて買い向かえないという局面があると思います。 しかし、株式相場では売ろうと思った局面からするすると年初来高値を更新して青天井となる時系列パターンもたくさんありますよね。

テクニカル指標が過熱しているときはボラティリティーが高まっているため、値動きが軽く、投資の結果がすぐにでるという傾向があります。 ロスカット基準と実行ルールを厳守しさえすれば、かなり投資効率が高い局面といえます。 ただし、チャート形状のパターン分析だけはお忘れなく・・・。


 Nobody rings a bell at the market bottom.

相場が底を形成しても、誰もベルを鳴らしてくれない。

株価の底入れを正確に察知できる人は誰もいません。 過去のチャートをチェックして、「ああ、あのときが株価の底だったのか。」と知ることができるだけです。 しかし、「底入れ」をなるべく早く認識することができれば、安値圏で買いポジションを構築することができます。 投資家はほとんど皆が同じ情報を得ていますので、売り材料だらけの経済ニュースからポツポツと好材料が出てくるようになれば、そろそろかなと予想することができます。