先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 ダウ工業株30種の採用銘柄

株価が棒上げしたときに、テクニカル分析のRSIの数値が100近くまで上昇しているにも関わらず、さらに上値追いの展開になるというケースは意外と多いんです。 その逆で、株価が暴落しているときにRSIが0付近を示しているのに、追証の投げが出尽くすまでさらにオーバーシュートするというローソク足のパターンもありますよね。

リアルタイムチャートではテクニカル分析やインジケーターの他に、出来高など様々なデータが手に入ります。 その時系列のデータとNYダウ先物の解析をどのような手法をもって実施するかが分析のコツです。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 NYダウ30種の構成銘柄を知る

ダウ工業株30種平均はその名の通り30種類の株の平均株価です。 構成銘柄は全て世界各国に営業所を持つ大企業で、しかも成長性を保っているような株で構成されています。 日本で言うと東証1部上場企業のような大企業の安定性と、ジャスダックやマザーズ指数のような新興市場銘柄の成長性を兼ね備えている銘柄が採用されています。

バンク・オブ・アメリカの通称はバンカメで、アメリカにおける最大の民間金融機関です。 日本でいうと三菱UFJフィナンシャルグループのような大きな銀行です。 バンカメの業績発表が銀行株に与える影響はかなり大きく、CMEの日経225先物が上昇していたとしてもバンカメが軟調なら同じ銀行株ということで日本の銀行株も値下がりすることがあります。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 ダウ工業株30種平均のIT株

ダウ工業株30種平均にはシスコシステムズやIBMなどのIT株が上場しています。 シスコシステムズとIBMはIT関連機器の製造大手で、株価が下がれば日本のIT関連銘柄もつれ安するケースもあります。 ダウ平均がリアルタイムチャートで下落していればたいていの銘柄が値下がりします。 しかし指数と逆相関の動きになることもあります。 個別銘柄の動きをリアルタイムに分析すれば株価推移の理由が分かるようになります。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



ダウ先物やCME日経平均のグローベックスが下げ止まったからといって買い判断とするのはリスクの大きい投機手法です。 CMEのグローベックスは暴落中にアヤ戻しすることがあります。 大陰線を連続して形成しているような相場の途中で、大陽線に近い長さのローソク足が示現することがあるのです。

この中途半端なローソク足の陽線は主に空売りしている投資家の利益確定、すなわちショートカバーによるものです。 単なる空売りの買い戻しをシグナルと見間違えて、スイングトレードで買い玉を建ててしまうと、ロスカットになる可能性が大きくなります。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較