ダウ先物チャート
ダウ先物
NYダウ
NYダウリアルタイムチャート
ナスダック
CME日経平均先物
日経225株価のチャート
世界株価チャート
日足
ADR
ドル円リアルタイム
証券用語集
投資手法
長期投資
リアルタイムチャートの研究
ブル相場
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足の見方を解説
日経平均騰落レシオ
25日移動平均乖離率
売り禁の手法
ダウ理論(Dow Theory)
インジケーター
パラボリックの使い方

 NYダウ先物とドル円をピボット(PIVOT)で分析

外国為替市場の円相場はCME日経225先物やNYダウ先物へ影響力を持っています。 ドル円相場も株式市場と同じく、欧州債務問題や世界金融危機などその時々で為替市場でのテーマになる材料の変化を織り込んでいきます。 外為市場のボラティリティーは株よりも大きく、ファンダメンタルズに大きな変化がない時期では、1日に0.5%から1.0%前後の変動性を持っています。

ところが投機筋の資金投入があると変動率が急激に上昇し、あらゆるテクニカル指標の売買サインが点灯することでボラティリティーも拡大します。 動き始めると2%以上の変動がある日も珍しくはなく、日本株、特に輸出関連株に大きな影響を与えます。 0.5%から1.0%程度(1日あたり)のボラティリティーであればそれほどではありませんが、連日の円高進行となるとわずかな円高でも市場は敏感に反応します。
CMEとNASDAQの連動性
ボリンジャーバンドの見方と欠点
NYダウ先物とドル円
日足をRSIで分析
ダウ平均株価の時系列チャート
移動平均線乖離率の手法
損切りのタイミング
スウィングトレードの勝率
ローソク足の基本形
ローソク足のパターン

米国株は日本株ほどドル円相場を売買材料にしません。 WTI原油先物や個別株の業績見通しの変化、米国債の利回り変化、要人発言などが注目のポイントとなります。 米ISM製造業景気指数、米製造業新規受注、米雇用統計は全てアメリカ国内の経済指標となっていますが、Globexニューヨークダウ先物やNASDAQ先物を介して間接的に新興国市場の株価にも影響力を持っています。


 流行の分析手法

以前は大証の日経平均先物をピボット(PIVOT)でリアルタイムチャートで分析することが流行りました。 また、個別株のソフトバンクの騰落状況は個人投資家のセンチメントを表す指標として使えるとされた時期もありましたが、現在はテーマとして話題になることが少なくなりました。 しかし、過去に流行したテクニカル指標の分析手法やアノマリー、仕手株などは何年も経過してから再注目されることがあります。



下落後のリバウンド局面では戻り売り意欲が強いため、上値を買い進む向きがほとんど無いチャートのパターンが多いです。 一番ありがちなケースとしては、指値の買いが徐々に溜まっていき、指値の売りがあまり増加しないことを確認しつつ徐々に下値を切り上げる動きです。