先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 テクニカル分析のダイバージェンス

ダイバージェンスは相場のアヤでもあり、テクニカル分析の欠点やダマシと捉えられることが多いのですが、実は絶好の売買機会でもあるのです。 テクニカル指標のダマシが株価グラフで現れたあとは、高確率で反対方向に株価が振れるのです。 欧米の投資家はこのダマシをわざわざ待って、反対方向に玉を張る投資家が多く、またそのようにアドバイスする相場師も多いのです。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 ダイバージェンス(Divergence)とは何か

ダイバージェンスとは、チャートにおいて株価の推移とテクニカル分析のシグナルが逆になっている状態を意味する株用語です。 メタトレーダーのリアルタイムチャートでも、一目均衡表やRSIのダイバージェンスはよく発生します。 日本の投資家の間では逆行現象とも呼ばれるチャートのダマシのことをDivergenceといいます。

NYダウ先物でもリアルタイムチャートでダイバージェンスが現れます。 株価先物が下落している中で、RSIが上昇している状態はテクニカル指標の逆行現象として、買いシグナルとして有名ですよね。 株価とシグナルとの逆行現象だけでなく、ローソク足の組み合わせやパターンにおけるDivergenceにも注目してみましょう。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 インジケーターのダイバージェンス

MT4のリアルタイムチャートでは無料で最新のインジケーターが使用できます。 このインディケーターでもローソク足のパターンのダイバージェンスが頻繁に現れますので、よく時系列データを解析しましょう。 例えば、三角保ち合いの上放れが発生すれば通常は買いシグナルとなりますが、すぐに大陰線が示現して下げ始めれば、すぐにドテンして空売りすべきです。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



テクニカル分析の本や相場師の紹介しているインジケーターは広く投資家に知られていますので、一般的な分析手法となっています。 つまり、そのローソク足の組み合わせが現れればほとんどの投資家が群集心理で同じ投資行動をとります。 株の相場というのは、投資家全員が利益が出るようにはできていないのです。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較