先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 NYダウの長期チャートを時系列で見る

日経平均の長期チャートにおいて最新のテクニカル分析を使ってシグナルを出すときにも、やはりダマシが発生していることが分かると思います。 ただし、その中には特定のイベントが原因となって株価が急変動していることがあり、そういったシグナルは把握しておかなければなりません。 例えばリーマン・ショックや欧州金融危機などが発端となった世界同時株安はボラティリティーが急拡大するため、NYダウ先物の値動きも通常とは異なるものとなります。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 10年スパンのダウチャートの見方

NYダウ先物のリアルタイムチャートで10年ぐらいの長いレンジを分析したいときは、ローソク足を基本にしましょう。 最新のテクニカル分析が注目されて売買シグナルやアルゴリズム売買などが持て囃されていますが、株価トレンドの認識にはローソク足のパターンに注目するのが一番良い方法です。 例えば平均足やカギ足などのリアルタイムチャートで株価トレンドを把握することはできます。

しかし、日足の高値ではどの程度の上値が重いのか、下値支持線あたりでの値動きはどうかといったことはローソク足が一番分かりやすいのです。 上ヒゲを被せるほどの大陽線がローソク足で出たり、逆にどれだけ下ヒゲが示現していても、チャートのパターンが悪いと地合いは悪化する可能性が高いと予想できます。 NYダウ工業株先物だけでなく、WTI原油先物のチャートでもローソク足の組み合わせという基本的な分析が効果的です。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 NYダウの日足を時系列に見る

長期的なチャートではより正確に株価のレンジが確認できます。 長期的にはボラティリティーの低い個別株でも仕手株並の変動幅が出ていることが分かると思います。 より長いレンジで株価の予想をするときには、最新のテクニカル分析の他に、ファンダメンタルズ分析を実施することが大切です。 日足の3ヶ月レンジでは長期的なファンダメンタルズを一時的に無視して、テクニカル重視の相場が形成されることもあります。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



超短期のレンジであればあるほど、特定の大口投資家の思惑が反映された相場が形成される傾向があります。 例えばある機関投資家の売買需要により、淡々とした売り圧力が継続する期間があったり、機械的なアルゴリズム売買の影響を受けたりしやすいのです。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較