DJIA
出来高推移
NYダウ日足
Globex
ナスダック総合株価指数
Nikkei225
時系列データ
世界株価指数
銀行株
日本株ADR
ドル円
ローソク足
チャート
株価推移
逆さチャート
ロスカット
バンドウォーク
投資手法
騰落レシオ
移動平均線
売り禁
株価予想
ダイバージェンス
パラボリック

 損切りルールを決めるときの目安

意外と信用取引の空売りを利用している投資家が少ないので、ここでは現物株を保有しているときの損切りルールとその目安について記載します。 日経平均株価の年間の平均下落幅(1日あたり)は0.5%から1.0%に収まることから、スイングトレードのロスカットラインは5%程度が良いとされます。 株を購入してから一度も思惑と逆行することなく利益確定できる確率というのはほぼゼロですので、あまりロスカットラインが近すぎても良好な投資成績は残せません。 手法の勝率とリスクを比較して、利益が最大化する水準を見つけることがコツになります。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 強制損切りされるとき

強制損切りされる場合は、同じ口座で商品先物取引をしていたり、信用取引で維持率が低くなってしまった場合に起こります。 強制的にロスカットされると、建て玉は売却されますし、現物株も寄り付きで売られてしまいます。 このような事態になるということは、手法自体が正しくないということになります。 もしくは裁量トレードのために規定の損切りルールに従えていないという可能性がありますので、構築した手法にミスがないか、利益確定のタイミングは正しいかの検証が必要です。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル


 ロスカットしないでよい投資法

ロスカットしない投資法といえば現物株への長期投資が思い浮かびますが、実は長期投資ほど大損する確率が高いのです。 業績変動や世界的な景況感の変化によって、個別株の騰落率も大きくなります。 NYダウ工業株先物や日経平均225の週足にそったトレンドフォローにも注目してみましょう。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄


スキャルピングで大損することは少ないのですが、毎日のように少額の損失をだしていると、長期的には積み重なって大損することが多いです。 デイトレードの場合は、目安としては投資対象の株価が1%から2%値下がりしたときは迷わずそのポジションを切るべきです。 システムトレードでない裁量判断だと、プロスペクト理論によって売買判断すべき最も重要なタイミングで投資心理的に負荷がかかるようになりますので、留意しましょう。 損失額が一定額を超えると正しいトレードが一層難しくなってしまうのです。