先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 CME先物の種類とWTI原油先物

日経平均225種平均なら、CME先物は円建てが注目されています。 種類は円建てとドル建ての2種類がありますが、ドル建ては国内の個人投資家と機関投資家以外が売買するケースが多いです。 WTI原油先物は出来高が少ないにも関わらず、原油価格においては世界的な指標として認知されています。 WTI原油先物が値上がりすれば一般的な理論では株価が下落する要因となりますが、米国株が堅調な地合いではエネルギー株とNYダウ平均先物のむしろ買い材料となります。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 シカゴ商品取引所(CBOT)とCME

シカゴ商品取引所はCBOTとも呼ばれる先物の総合取引所でしたが、CMEによって買収されています。 CMEではコーンや小麦粉など農作物先物のほかに、ウエスト・テキサス・インターミディエートという原油先物や為替相場の派生商品も扱っています。 欧州の市場はロンドン国際金融先物取引所とドイツ証券取引所の寡占状態になっていて、そこに新たにCMEグループが参入するかたちです。

CMEでは株式先物以外にも取引できる商品が数多くあるため、株式市場が閑散相場で取引チャンスになっている銘柄が少ないときにも売買機会が豊富にあります。 全ての銘柄に目を通して売買タイミングに適した株を見つけるのは手間がかかって大変なので、アルゴリズム売買のようにリアルタイムチャートのシグナルが出るように設定しましょう。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 CME先物の主力はWTI原油先物

WTI原油先物はニューヨークダウ30種平均先物のようにリアルタイムチャートのテクニカル分析によって、買い時の判断ができます。 IMMポジションではドル円やユーロ円といった為替相場の世界的なポジションを見ることができ、投機筋の建て玉に偏りがあるかどうか分析可能です。 シカゴ筋ポジションと呼ばれるリアルタイムチャートでは、建て玉が大きくロスカットされれば売買一巡感が強まってボラティリティーが低下するパターンが目立ちます。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



世界株価指数のリアルタイムチャートなら、ダウ平均先物とNASDAQ先物、ドル円チャート、日経平均株価先物などの主要な指標が全てチェックできるグラフを見ましょう。 個別株の板情報のように指数の板情報もありますので、買気配と売気配の変化から地合いを判断します。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較