先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 CMEグローベックスのテクニカル指標

株初心者でも分かりやすい買い時の判断がリアルタイムチャートなら可能です。 リアルタイムチャートのローソク足の日足で大陰線が形成されて、株が投げ売り状態になっているときが実は売買チャンスなのです。 CMEのGlobexのチャートでローソク足が大きな下落を示した後、陽線と呼ばれる上昇を表す足が形成されれば反転上昇するかもしれません。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 グローベックスのテクニカル分析

CMEのGlobexのNYダウ先物に適したテクニカル指標の組み合わせを考えてみましょう。 基本となるのは、リアルタイムチャートの日足とその他の時間軸のローソク足となります。 個別株の予想をするときにはリアルタイムチャートの累積出来高や出来高推移を考慮しますが、先物相場の出来高分析から得られる結果は、個別株のものとは異なります。

グローベックスでもCMEの日経平均株価先物が上場していますが、東証の方が圧倒的に売買高が大きいのです。 CMEのグローベックスにおける値動きと、東証先物の日中足の値動きはクセがかなり違いますので、テクニカル分析もそれぞれ合わせて設定を変更しましょう。 テクニカル指標の組み合わせ次第では投資手法を変更したり、ポジション構築のタイミングを変えたりすることが必要になります。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 CMEのテクニカル指標の組み合わせ

順張りでサヤ取りする投資手法を考えてみましょう。 オシレーター系指標とローソク足の分析を基本として、経済指標の発表や地合いの変化を加味して株の買い時を探ってみましょう。 CME先物の投資手法として、リアルタイムチャートにおけるストキャスティクスとRSIの組み合わせが注目です。 シグナル線における売買シグナルが示現しても、RSIの売買サインが出ていない時系列チャートの場合はダマシの可能性があるので、売買は見送りと判断しましょう。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



逆張りの投資手法を組み立てる場合は、リアルタイムチャートの日足のパターンが最も大きな売買判断の要素になります。 CMEのリアルタイムチャートでGlobex日経平均の推移を解析すれば、株の初心者でもトレンドを把握できるのです。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較