先物のリアルタイムチャート
グローベックス
NYダウ日足
NYダウ
ナスダック
日経平均
日経225のチャート
世界株価
日足で比較
リアルタイム日本株ADR
ドル円チャート
ベータ値
テクニカル指標のダマシ
月足の安値圏
逆さチャート
年初来高値
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足
騰落レシオ
移動平均線乖離率
売り禁
ダウ理論のシグナル
ダイバージェンス
パラボリックの手法


 シカゴ先物の建て玉推移からNikkei225先物を予想

トレンド相場でサヤ取りしたいときには、トレンド形成中の株価を時系列で分析しましょう。 すると、上下に大きく振幅しながらモメンタムを形成しているときと、暴落や暴騰に近い値動きで動いているときがあることが分かります。 NYDOW先物のリアルタイムチャートを確認して、ボラティリティーの変化に応じて最適なサヤ取りの手法を選択しましょう。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 Nikkei225先物と為替相場のテクニカル分析

Nikkei225先物やニューヨークダウ先物などの株価指数と為替のリアルタイムチャートで使うテクニカル指標は同じで問題無いのでしょうか。 株価予想するうえでは、それぞれの最新テクニカル分析を選んだほうがダマシが少なくなります。 例えば、ドル円のレート推移では前回安値まで棒下げして再度、高値まですぐに戻すというような値動きがよくあります。

DJIA先物のリアルタイムチャートでいうとストップ安まで下落してすぐにストップ高まで上昇する推移を繰り返すというような動きはほとんどありません。 (米国株にはストップ安やストップ高という制度が無く、サーキットブレイカーが投資家保護の役割を果たします。) CME日経平均に影響を与えるドル円相場は株価推移よりもランダム性が強く、最新のテクニカル分析でもダマシがかなり多いです。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 シカゴ先物の建て玉推移をチェック

シカゴ先物では全体の建て玉の変化をデータとして公開していて、これを見ることで世界中の投資家がどのようなポジションを構築しているかがわかります。 NYダウ先物やCME日経225先物の建て玉推移は公開されていませんが、ドル円ならポジションの偏りがどの程度あるのかが判断できます。 買いに大きく偏っている場合は突然売り材料が市場に出ればポジション解消の動きが想定できるので、空売りが有効となるわけです。

株式市場で利益を出すには、常に株価の先読みが要求されますので、他の投資家がどのような売買注文を出しそうかをリアルタイムチャートで予想することがコツなのです。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象



リアルタイムチャートで日経225先物とダウ平均を比較して、それぞれの株価トレンドとモメンタムの強さを見極めましょう。 ダウ平均の先物が10連騰しているような地合いは総強気なので、信用取引で買い玉の構築を検討してみることもあります。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較