NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック

 Nikkei225のチャートのパターンを覚える

 Nikkei225について

CME日経平均225先物が前日終値比で300円下落してシカゴ清算値が返ってきたにも関わらず、200円程度の下落幅で寄り付くことがありますよね。 NYダウ先物が清算値の価格から比較して上昇していればその分現物株の下落幅が小さくなります。 また、株は前日終値からあまり乖離していない銘柄から順番に寄り付くようになっているので、時間の経過により300円以上下落するパターンも想定しておきましょう。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 MT4のアクセラレーター

メタトレーダーで使えるアクセラレーターは、チャートのモメンタムの勢いを判定するインジケーターです。 レンジ相場になっている局面はボラティリティーが縮小する傾向があるため、アクセラレーターも高い数値を示さないです。

MT4のリアルタイムチャートでアクセラレーターを表示しなくても、リアルタイムチャートのローソク足を確認すればトレンドはある程度分かります。 ただ、NYダウ先物で時間足と日足などいろいろなチャートを開いているときにすぐ対応するためには、アクセラレーターなどのテクニカル分析を表示しておくと便利です。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 チャートのパターンを覚える

株価の推移には個別株ごとに独特のリズムがあって、急落してもリバウンドがほとんどない株や、暴落してもすぐに値を戻しやすいパターンが多い株があります。 β値が高ければ、NYダウ先物が急上昇したときには暴騰する傾向があり、β値が低いとCMEの日経平均先物が下がっても株価の下方硬直性が強まってあまり下がらないということが多いです。

さらに、暴落したあとに下ヒゲが連続して底入れしそうなチャートのパターンになっている状態から、3回程度リバウンドを試して再度下値探りの展開になるパターンに注目してみましょう。 このローソク足の組み合わせはニューヨークダウのグローベックス先物でも頻度が高く示現するパターンです。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象


 WTI原油先物のトレンド

WTI原油先物価格はニューヨークダウ先物の方向感を左右するほどの影響力を持っていて、特に株式市場から投機資金が流出している期間は乱高下しやすくなります。 原油先物が値上がりすると一般的に株価の圧迫要因になりますが、地合いが良ければエネルギー株の買い材料となって、ダウ平均の押し上げ要因になります。 原油先物の連日の上昇にも関わらず株価が上昇したり逆に下がったりして、それに伴い背景の解説も日によって変わったりするので株式速報をよく分析しましょう。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較