ダウ先物チャート
ダウ先物
NYダウ
NYダウリアルタイムチャート
ナスダック
CME日経平均先物
日経225株価のチャート
世界株価チャート
日足
ADR
ドル円リアルタイム
証券用語集
投資手法
長期投資
リアルタイムチャートの研究
ブル相場
ボリンジャーバンドの欠点
ローソク足の見方を解説
日経平均騰落レシオ
25日移動平均乖離率
売り禁の手法
ダウ理論(Dow Theory)
インジケーター
パラボリックの使い方

 CCI(コモディティチャネルインデックス)で乖離度を判定する

エリオット波動理論をマスターして、実際のリアルタイムチャートで株価の予想に役立てるにはかなりの時間がかかります。 また、NYダウ先物やCME日経225株価のリアルタイムチャートで、正確に推進波と下降波を把握できる局面は少ないと思います。 そこで、MT4のメタトレーダーで表示できるElliott Wave Oscillatorというインジケーターに注目してみましょう。

Elliott Wave Oscillatorは実際の株価の波動を視覚化し、チャートに表示するオシレーターです。 0を基点としてプラス圏に浮上すれば上昇トレンド、マイナス圏に沈めば下落トレンドを形成していると判断できます。 このインディケーターの特徴は、株価がある程度押しても相場のアヤであれば、転換点として表示されないという点です。 つまりテクニカル分析のダマシを回避するために役立つのです。
ボラティリティースプレッド
テクニカル分析(Technical analysis)
ポイント&フィギュア
ドテン売買に適したパラボリック
日経平均と騰落レシオの関係
MT4のインジケーター
チャートのインディケーター
CCI(コモディティ・チャネル・インデックス)
ローソク足の組み合わせ
日経225シカゴ先物の見方

エリオット波動やフィボナッチ比率、ペンタゴンチャートといったマイナーなチャートの分析手法は、有名な指標をマスターしてしまった投資家が研究するケースが多いようです。 どのテクニカル分析でも長期的には確実にダマシに遭いロスカットして痛い目にあうことになります。 抽象的な指標であればあるほど、自分の相場観に都合の良い判断ができるため、ロスカットすべき局面でもしないことがあるので留意が必要です。


 CCI(コモディティチャネルインデックス)

移動平均線との乖離率によって相場の転換点を探る手法を開発したい場合には、テクニカル指標の一つであるCCIで分析してみましょう。 CCIは過去の値動きに対して現在の水準が高いのか低いのかを判定するための指標です。 標準偏差の概念を用いるという点ではボリンジャーバンドと似ています。ボリンジャーバンドはバンドウォークの判定に使用するために必要です。



Commodity Channel Indexは偏差の平均からどの程度相場が乖離しているかを判断するという点で優れています。 高値圏から急落した場合は乖離を埋めるためにもとの位置まで戻ろうとする力が働きます。