ダウ
シカゴ先物
NYダウのチャート
リアルタイムNYダウ先物
リアルタイムのナスダック
グローベックスの日経平均
日経平均チャート
世界株価指数
日足
日本株のADR
リアルタイムのドル円
ローソク足
チャートの見方
株価推移
先物のチャートの研究
ロスカットの基準
バンドウォーク
チャートとローソク足
騰落レシオの時系列
25日移動平均線
売り禁と踏み上げ
ダウ理論とは
ダイバージェンスのシグナル
パラボリックSAR

 ボリンジャーバンドの期間設定と使い方


株価を動かすものは投資家心理と需給ですので、過去の時系列推移からして統計学的に分析しても予測が当たらないというケースが多いです。 移動平均線が大きく動く時期というのは需給も崩れていますので、通常のテクニカル分析が有効でないことが多く、スクリーニングによってわざわざそのような銘柄で逆張りしてしまうと逆効果です。 ボリンジャーバンドの使い方や見方が全く分からなくても、MT4のリアルタイムチャートで表示すれば線が出ますので、位置関係からなんとなく手法を思いついたりするものです。
良き投機は即ち良き投資なり
保合い放れにつけ
テクニカル指標の理論
仕手株のローソク足
ダウ理論とエリオット理論
ファンダメンタルズ分析とチャート分析
VIX指数のボラティリティー
底入れを板情報や歩み値で判断
NYダウ先物の推移を予想する
グローベックスをテクニカル分析


 ボリンジャーバンドの設定で適切な期間

MT4のリアルタイムチャートではテクニカル分析の設定を普通はいじくれないところも変更できますので、騰落レシオの変化やNYダウ先物のモメンタムによって色々試してみましょう。 特にボリンジャーバンドの設定は適切な期間で表示すれば逆張りにも適応できることがあります。 プラスマイナス2σに株価が収まる確率が非常に高いためにほとんどのリアルタイムチャートでは最大値が2σになっていて、3σまで見れないことがあります。

ボリンジャーバンドのシグナル線にぴったりくっつくようにして過去の時系列データが推移することがあり、これはバンドウォークといって頻繁に示現する現象です。 バンドウォークがあるためにBollinger Bandsは逆張りに向かないテクニカル指標だといわれているのです。 また、2σを突破するようなモメンタムが発生している株価トレンドではニューヨークダウCME先物も地合いが改善しているために、空売りしても買い戻しでロスカットしやすい水準が無いことが多いのです。
ボリンジャーバンドの期間設定と使い方
日経平均の騰落レシオチャート
25日移動平均線乖離率のランキング
グローベックスのCME先物
エリオット波動とグランビルの法則
グランビルの法則を検証してデイトレする
トレンドラインの引き方と分析手法
ウィリアムズ%R
スタンダード・ディビエーション
ケルトナーチャネル



 ボリンジャーバンドの使い方

期間設定で最もベーシックな数値は、デフォルトで入っている21日間です。 ボリンジャーバンドの使い方として最もスタンダードなのは、この数値に合わせてリアルタイムチャートでシグナルが出るのを待つという使い方です。 過去21日間の時系列データを扱うのは、開発時に移動平均線と標準偏差の観点から売買シグナルを見出すのに調度良い設定だったからです。 開発者のジョン・ボリンジャーもCME日経平均シカゴ先物やダウ平均など様々な株価指数で検証したと思います。

しかし日本株の個別銘柄まで様々なモメンタムを一律の設定で計り、株価の予測を精度良く行うというのは現実的ではありません。 逆張りで投資手法を開発するときは、グローベックスのCMEダウ先物でBollinger Bandsの使い方を3σに絞って研究します。
損切りルール
日経先物
ボックス相場
追証
日経株価
低位株
ランダムウォーク理論
シカゴ
ストップ高比例配分
日々公表銘柄



このインジケーターは移動平均線と統計学の手法をもって開発されていますので、過去の時系列データで典型的なチャートのパターンやローソク足の組み合わせが示現すれば予想は当たりやすいです。